HomePage>Column

コラム

ここにはサイトのコンテンツとするには量的に不十分なものや雑記などを置いてあります。

Leo-netでルータを使う

レオパレスといえば超低速で有名なレオネットという独自回線を用いています。混雑時間ともなればストリーミング再生すら不可能になる、ブロードバンドのご時世にありえない超絶な環境です。

そんな中、ハブを推奨しているレオネットでルータを使おうというものです。しかし動作を確認したところ、どうやら回線はレオネットからOCNになってしまったようです。OCNになったから、簡単に設定完了したとも考えられます。

これから先、OCNになる所も多いでしょうから情報を置いておきます。

またこのページ作成にあたり「ジョルディの日記」さんの「打倒 LEO-NET」の記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

当方の環境。ハブは「CG-SW08TXLV2(corega)」で、ルータは「NP-BBRP(I-O DATA)」です。テレビ用のチューナは使用せず、パソコンのみを2〜3台接続します。またDVDレコーダの類も接続しないので、DHCPもONにしてあります。ジョルディさんとの違いはDCHPの有無くらいでしょうか。

ハブの状態で環境確認
ハブの状態です。

自動設定ウィザード
ルータは「IPアドレス自動取得接続」を選択。

初期値のままです
初期値のまま「次へ」を選択。

再起動して設定を適用します
再起動します。

ルータの状態で環境確認
設定完了です。

これで接続できるようになりました。詳細に設定できるわけですからサブネットマスクあたりを弄ったり、IPアドレスの固定など行えばメインのパソコンから他のパソコンをVNC接続するときに役立ちそうな気がします。

その他、見直す点は多々ありますがひとまずは動作したのでこのままで。また追記などあればその時に書きます。

最後に再び、参考にさせていただいた「ジョルディの日記」のチェザーレさんにお礼申し上げます。ありがとうございます。

ほっかほっか亭食品原産国

日頃利用するにあたり、一目でわかるように作りました。公式だとJavaScriptが必要なので、これで携帯からでも確認できるかと。商品が多いのでコツコツ更新していきます。

メニュー
商品名食材主な原材料原産国
のり弁当白身フライ白身魚(ホキ)韓国、チリ、アルゼンチン
チクワすり身日本
のりのり日本
ライス日本
のりタルタル弁当白身フライ白身魚(ホキ)韓国、チリ、アルゼンチン
チクワすり身日本
のりのり日本
ライス日本
特のりタル弁当白身フライ白身魚(ホキ)韓国、チリ、アルゼンチン
から揚鶏肉ブラジル、ポーランド、チリ
メンチカツ鶏肉日本
のりのり日本
ライス日本
チーズハンバーグ弁当デミハンバーグ牛肉オーストラリア、ニュージーランド
デミハンバーグ豚肉アメリカ、カナダ、日本、ベルギー、チリ
チーズチーズ日本、オセアニア他
ライス日本
チーズハンバーグ弁当デミハンバーグ牛肉オーストラリア、ニュージーランド
デミハンバーグ豚肉アメリカ、カナダ、日本、ベルギー、チリ
ライス日本
とんかつ弁当トンカツ豚肉アメリカ、カナダ、チリ、ハンガリー、ポーランド
ライス日本
チキン南蛮弁当チキン南蛮鶏肉日本
ライス日本
から揚げ弁当から揚鶏肉ブラジル、ポーランド、チリ
ライス日本
特から揚げ弁当から揚鶏肉ブラジル、ポーランド、チリ
ライス日本
かつとじ弁当トンカツ豚肉アメリカ、カナダ、チリ、ハンガリー、ポーランド
日本
ライス日本
すきやき弁当すきやきの肉牛肉メキシコ
ライス日本
チゲ鍋弁当豚肉豚肉ヨーロッパ、メキシコ、チリ
鶏団子鶏肉日本
ライス日本

DreamweaverCS3関連

DreamweaverCS3で突っかかった問題がそれなりに話題みたいなのでメモ程度に書いておこうと思います。

制作:DreamweaverCS3、DTD:XHTML、確認:IE6

DreamweaverCS3でウェブサイトを制作しプレビューもしっかりしているのに、ブラウザでプレビューすると表示されないという問題。特に、外部CSSで背景画像を指定したりした場合に発生する問題のようです。その時は、ソース画面にして<head>の<meta>に関する以下の赤字部分を確かめてみてください。

<link href="/CSSへのパス.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="screen" />

この部分が問題でして、修正すればブラウザでも問題なく表示されるようになります。

<link href="./CSSへのパス.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="screen" />
<link href="CSSへのパス.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="screen" />

赤字の部分が初期状態では「/」から始まっているために認識されないようです。この外部CSSを指定するパスの部分を「./パス」もしくは「パス」とすることで改善します。参考になれば幸いです。

JmEditor2の設定

JmEditor2は便利なタブエディターですが、どうしても不満な点があります。サイトを更新するためにHTMLを開くことが多いのですが、URLを不意にクリックしていまいブラウザが起動してしまいます。ソフトの設定で変更できればいいのですが、デフォルトで設定変更ができないようになっていて手も足も出ません。

今回、その設定を解除できることがわかったのでまとめておきます。ある程度の操作ができる方を対象にしています。設定では「エディタ設定>HTML設定>強調表示2タブ」の「強調表示2」にある「URLクリックでブラウザ起動」と「メールアドレスクリックでメーラ起動」にあたります。

まずインストールフォルダから「\ユーザ名\Edit」に移動し、その中にある「HTML.ini」を開きます。下にスクロールしていくと「ExUrlLink=1」「ExMailLink=1」という項目があると思います。五十音順に並んでいますが、見つからない場合は検索してみましょう。その値を「ExUrlLink=0」「ExMailLink=0」にすることで解消できます。

変更箇所
この部分を「0」に変更します。画像は変更済みです。

HTML設定以外にもデフォルトで設定が有効になっているものにも適用できると思います。一応、他の設定を変更しても今回変更した部分がデフォルト設定に修正されないのは確認できました。もしデフォルト設定に強制的に変更されてしまうのであれば、ファイルを読み取り専用にすればいいかもしれません。

もちろん、その場合には他の設定変更ができなくなりますので全ての設定変更を済ませた上で読み取り専用にしたほうが良いでしょう。これで皆さんが快適にJmEditor2を使うことができるようになれば幸いです。

また余談にはなりますが、このことを利用すれば上記のURLクリックでブラウザ起動とメールアドレスクリックでメーラ起動以外の設定を変更することもできるでしょう。デフォルトの設定ファイルと見比べることでその設定を発見できると思います。


Copyright(C)2003-2008 Yumeoibito. All rights reserved.