HomePage>Log>Diary0503

日記ログ05年03月

(05/03/31)ブログに触れてみた

いきなりですが、ブログに触れました。突如として思い立ち、設定をしてみると…。不思議なことに、過去にどれだけ弄っても動くことのなかったブログが動きました。ありえねー。そういった具合から、ついにブログデビューしてしまいました!

難しそうだったんですが、仕組みは意外と簡単ですねぇ。動かすスクリプトがあって、テンプレートから読み込んでいくだけ。んでもってデータは差し込みで入れ込んでいるみたい。わかってしまえば結構単純ですな。

ただ、やっぱりスクリプト…言語なんで、テンプレートを弄るのも結構大変です。少しでも変な所を弄るとデザインが崩れたり、動かなくなってしまいますから。そういった意味で、結構神経使います。とりあえずそういったものはこつこつ作り上げていくことにします。

問題は、ファイルのアップロードが面倒ってことかな。今までならHTML上で確認したりしてましたけど、ブログだと結構面倒。今までの感覚が全く役に立たないからねぇ。どうしろってんでしょう。まぁ、FTPで画像をアップして書き込めばいいんでしょうけど…。本当に、タグなんて知らなくても運営できますねぇ。細かい所は難しいでしょうが、ボタン一つで強調からリンク、画像の貼り付けまでできちゃうのは驚きでしたよ!

明日からついに4月です。4月1日といえばエイプリルフールですが、手間が掛かるのでこのサイトはいつも通りです。「嘘をついてもいい日」に限って、なぜにサイトをその日だけ弄るのかがよくわかりませんが…。インパクト?んまぁ、来年は時間があればそういったイベントに参加したいですねー。って、1年の4分の1が終わっちゃったのね…うわーん。

春休み終了まで…あと7日。一週間きってる!?

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050331」です。


(05/03/30)My Merry May with be発売決定

ネタがないんで短絡的にこんなタイトルにしてみました。さぁ、そんなわけで日常を無駄に過ごそうと思っていましたら、昨日の夜に友人からCメールで遊ぶ約束を取り繕ってみたり。というか、向こうから来たんですけどね。

DVD-Rを焼いたりとしていましたが、何を思い立ったか「サンパギーダ」をやることに。サンパギーダとは、SCEから発売された「やるドラ」シリーズの一つです。やるドラシリーズはこれとダブルキャストしかやっていないのでいまいちですが、意外と楽しめた記憶があります。

というわけで、苦しむ友人に攻略を見ることを勧めて無事グッドエンド1は終了。是非2と3を見てもらいたいっすね!むはー。さぁ、明日は何をするでもないので寝ようかしら…。現在4時20分。更新時刻が間違っている気がしないでもないですが、気にせず更新。あー、散髪と歯医者と眼科に行かないとねぇ…。

早い物で3月も明日で終わりますね。月日が流れるのは早く感じます。嗚呼、春休みが短く…orz


My Merry May with be公式サイト公開
・My Merry May with be公式サイトが公開されました。MMM持ってないから、完全版なこれは買いかなぁー。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050330」です。


(05/03/29)低落な日々

さて、こそこそっとインストールした「処女はお姉さまに恋してる」をやり始めましたよん。4話くらいまで進めましたが、いやぁこりゃおもろい。「マリみて」みたいな感じかと思えば意外と重みのある話でした。まだ途中なんで、さっくり進めていけたらいいんですが…現実は厳しいー。

実際、そのほかではありえないほどの夜行性ぶりで、昼間は日が暮れかけるまで寝ていた始末。ありえない〜、そうありえない〜。こんなんでいいんでしょうかね。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050329」です。


(05/03/28)才能の限界

サボり癖ってのはついてしまうと中々厳しいものがありますよね。こんばんは。この三日間の日記をサボっていたので、26日分があやふやですが、ご了承を。うーむ、直したいもんですな。

最近やる事が多すぎます。具体的に言いますと「他サイト全リニューアル作業(全HTML手打ち)」「ノベルゲーム作成」「小説執筆」「このサイトの更新」といった具合に。書いてある通りの内容なので、説明は省きますが…正直負担です。なんでこんなに忙しいんでしょ…?働け部員たちよ…!(謎

さて、そういった具合で私が日頃悩んでいることをパーっと打ち明けようかと思います。日々思考は変わっていきますし、そういった意味で現時点の考えを書いておくのも大切かなぁと思いまして。昔の思考ってのは書かないと忘れて無くなってしまいますからね。

さて、考察内容はタイトルの通り才能の限界というやつです。人は誰しも何かしらの才能があります。「絵を描く才能」「文学の才能」「音楽の才能」「楽しませる才能」などなどです。挙げればきりなく挙げることが出来ます。そして、誰しも生まれつき持っているとは限りません。成長の過程で身につけたり、好きになっていくことだってあります。その逆もまた然り。

私に関して言えば、PCを買うまでは何ら趣味も特技もありませんでした。あ、マラソンやリレーが速かったというのはありますが。持久走では優勝したり、運動会のリレーではごぼう抜きしたりとまぁそのくらいの些細なものでした。よく考えれば、それも一種の才能だったんですかね…。惜しいことをしたっ!

話を元に戻しますと、私は中学生となりうちにもPCという物を置くこととなりました。当時としては処理が早かったほうでしょうか。WindowsMEのバリュースターは私の相棒となりました。以前の通り、ドリームキャストでネットをしていた私はパソコンへと転向したわけです。それからというもの、興味のあるものは何でも極めようと努力してきました。深いアングラ方面の知識もその時に会得したものです。これは、私がPCに興味を持ちそれを才能へと変えていったからでしょう。

丁度その頃、私はギャルゲ・エロゲと出会いました。典型的なものでしたが、当時としては結構な衝撃がありました。そうして今を過ごしているわけですが、その時に文学と言うものに出会いました。元はそういったゲームの文学でしたが、文庫やハードカバーを読み漁ったりしていました。そのお陰かは知りませんが、今では読書感想文などで最優秀賞を頂くほどになりました。そういった感想文の元がギャルゲ・エロゲってのは知る人ぞ知るって感じです。まさか選ばれたものがそういった知識を利用しているとは誰も思わないでしょうねぇ。日本のオタク文化って(笑。というわけで、私は文を書く楽しみを知りました。

そうして私はいろいろなものに興味を抱きました。そのたびに、飽きたり追求したりと色々な結末を迎えました。その一つとして挙げられるのがサイト運営でしょう。ネットを巡回してきた私は自分で情報を発信したいと考え、当時中学生だった私はHTMLを覚えました。思い返せばただの文字が並ぶ簡易的なサイトでしたが、それを元としてこのサイトともう一つのサイトは運営されています。趣味で始めたものの、一番長続きしているのが運営でもあります。もう一つの開設の理由は安易でした…。「中学生の時からサイトを運営しています」と言うためが主な理由でしたし。

上記のサイト運営も、今ではブログという形で小学生ですら運営する社会となりました。誰でも情報を発信できるようになったのです。一応、私としましてはHTMLやXHTMLを弄ることが運営と考えていますし、ブログはサイトではないと思っています。それも一つの道ですが、私はあくまでHTMLで勝負します。

そうした才能に恵まれはしましたが、不満です。私は「音楽(作曲)の才能」と「絵を描く才能」が欲しかったのです。欲を言えば「プログラムなどの才能」も欲しいですが。残念なことに、私には音楽関係の才能と絵の才能が備わりませんでした。音痴かはわかりませんが、絵心など皆無です。それはしょうがないことなのですが…。正直な所、そういった才能が欲しいです。欲しいと望んでいても得られるものではありませんので、やっぱりやりこんでいくことが大切だとは思いますが…。

「真面目に取り組み結果が出ない人」「真面目に取り組み結果を出す人」「不真面目に取り組み結果が出ない人」「不真面目に取り組み結果を出す人」などなど、世の中には多くの人がいます。私は努力は大事だと常々思っていますが、努力を打ち負かすのはやはり才能だと思っています。私がどれだけ努力しても負ける時は負けますし、それは努力の差ではありません。勉強はしますが、どれだけやっても追いつけないものです。センスを才能と表すならば、やはりそういったものはあるのです、現実に。

私がどれだけの努力を積んで作曲をし、絵を描き、プログラムを作成してもプロ…所謂センス・才能を有する人には決して勝てません。世の中が社会主義で結果を求める社会である以上、どれだけ努力をしても結果が出せなければ意味がありません。そういった意味で、私は常に劣等感を抱いて生きています。妥協すればいいんですが、元々完璧主義なのでそうもいきません。やるならとことんやらないと気がすみません、趣味や趣向については。そういった意味で、私は厳しい場所に立っています。

長々と書き連ねましたが、そういった才能を持ち合わせている人を羨ましく思います。逆に言えば、嫉んでいるとも表現できます。私はその自分の非凡さが嫌で嫌でたまりません。そういった意味で、私は迷い続けるでしょう。どれだけ真面目に物事に取り組まない人も、デザインのセンスがあったりします。それは勉強とは無関係です。しかし、役に立たないこともあります。社会に出て「ゲームが得意です」と言われても無意味でしょう。やはり実用的な何かが必要です。

才能というものは元からある場合と、育むものとあります。私は付け焼刃の後者ですので、もちろん生まれ持った才能には一切勝てません。それは仕方の無いことですが、これからも私は努力を惜しみません。興味のあることはとことんやります。今回興味を持っている動画編集もこのことに当たります。諦めるかもしれませんが、可能性を決して捨てません。捨てれば無意味になりますが、捨てずに続ければ多少は知識を得られます。

私は文をこのように書き出しています。サイトという情報発信の場を得、文字を発信しています。文才なのかどうかはわかりません。ですが、書き連ねていくうちに…知識を得るたびに…時が流れるごとに…その才能が減って(萎んで)いくような気がします。こういった批判文や評論文、感想文に才を恵まれたのでしょうが、小説にはからっきしです。人と交わることが苦手であり、そして好きではない私にとっては物語など書けません。忙しいといった内容の中に「小説執筆」などと書きましたが、実際は「なんでこんな物しか書けないのだろう」と思うようになっています。やはり、才能というものに恵まれなかったからでしょうか。それとも努力不足か。いずれにしても、それも劣等感。こうして書いているうちに本当に「昔より文を書けなくなった」と思います。絶頂期がいつだかはわかりませんが、昔と比べるとそう思えます。

才能には個性があり、限界もあるということを思い知らされました。けれども私は大事にしていきたいです、個性ある才能というやつを…。


さて、更新内容をちらっと。Dear My Friendの感想を書くにあたってリンクページにリンクしていないのはおかしいと思いLight様をリンクしておきました。今回の更新はこのくらいです。レビューページはしばらくお待ち下さいませ。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050328」です。


(05/03/27)交換会

今日は交換会でした。交換会とは、趣味・趣向の一致する仲間内で集まり会合するある意味やばい集まりです。内容といえば、私の目的は学習に関する情報を得ること。このサイトについても微量に話し合います。

おかげで、動画作成関係…所謂MADアニメを作成するためのファイルを得たので頑張りますわー。やっと作れる…orz

さらに、これでやっとアニメのAIRを見ることが出来ますよ…。美味美味。あ、この話と今日の題名で何となく集まりの内容がわかった方がいらっしゃるかもしませんが、気にしないー。うし、次のレビューは「処女(おと)お姉さま(ぼく)」ですねっ!

友人のPCは前にも話しましたが、水冷式のNECバリュースターです。しかも、高い部類のらしいので…処理が最高でしたっ。もう二年以上前の話になりますが、私は自作PCを作った時に「是非PCでTV録画をしたい!」と志したものでして、パーツを買い込んで増設しましたよ。しかし、その時の性能というものは貧弱で、見事にコマ落ちしました。それ以来、度重なる故障でインストールCDを紛失してしまい、エンコードボードはゴミになりましたとさ。実際、メモリを512か1024積んでCPUはPen4の2,26GHzだったのにコマ落ちしたのは未だに理解に苦しみます。

んで、話が折れましたが友人のそのPCはPS2の動画を見事にコマ落ちすることなく動画にしちゃいました。うーむ、ありえない。んまぁ、そのおかげで別のMADも作成が捗りそうですし…友人ら二人に期待っ!

というわけで、次回レビューも決まったのでテンプレートファイルからレビューページを作成にかかりましたとさ。Dear My Friendのレビュー書き上げないといけないのに…orz

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050327」です。


(05/03/26)Dear My Friend攻略完了っー

やっとこさプレイ完了しましたー。長かった嗚呼長かった…。詳しいことはレビューページで書きますよー。

一日中何をするでもなく、まったりとしていたような気がします。というか、Dear My Friendで一日を潰しましたよ。朝起きてから、寝るまでずっとそれ。日記書きながらだと思うように進みませんねぇ…。

さぁ、次は何をしましょうかねっ!


マビノ×スタイル公式サイト更新
公式サイトが更新されています。主な内容は「特典テレカ、下敷きの描きおろしイラスト公開」「システム」「新作PV:PSP再生対応版を公開」といったところです。今回はなぜかページ内リンクがされていないので、記事にリンクすることができませんでした。日付を追って下さい。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050326」です。


(05/03/25)春休みなのですー

ついに…ついに補習終わりました。お疲れさん!これで全四日間の補習を終え、晴れて12日間の春休みとなりましたー。ぱちぱちー。

12日間もあるので何をしようか迷いに迷いますが…。サイト完成させないとねぇ…。たぶん、無理だろうけどorz

気ままにやっていきますー。時節ネタなんで、数日の間にライブドアVSフジテレビの続きでも考査しようかと思います。結果が出たかと思えば、いきなりソフトバンクの乱入っすかぁって感じ。詳しくは事後。

ついに25日になっちゃいました。これで「ゆのはな」「MilkyWay3」の応援バナーキャンペーンの応募は締め切られたわけですね。嗚呼、色紙たちが…。んまぁ、個人情報は大事にしだいので後悔はしないことにしました。また何か楽しそうなものがあれば参加したいと思います。

さっ、Dear My Friend攻略するぞぇー!

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050325」です。


(05/03/24)地下鉄三号線と飲み会もどき

更新サボって申し訳ないです。ちょこちょこと熱中していまして、メインPCを起動すらしなかったですよ。というわけで、更新作業を急ぎますっ。

面倒って面倒なんですが、クラスで飲み会というか集会があります。要は、集まって飯食うだけっすけどね。それがまた面倒なんすよ…。別に行きたいって訳でもないのにさぁ…これが日本特有のあれっすかね?「付き合い」ってやつっすか。大して親しくもないのに行くというのも意味ないと思いますが…。んまぁ、そういうもんでしょうかね。面識なくても結婚式や葬儀に赴くのと同じことでしょうし。

昼間にちょっとだけ日記を弄っていますが、眠気がマックス。ここ数日の寝不足で、ありえないほど体力を消耗していますから。地震もありますし。寝ようと思うと地震で目が冴えたりね。ありえない。もし昼寝でもしようものなら起きられないでしょうし…。それこそ恐怖の結末ぽ。

そして、高速バスにて天神へ。時間があまりそうだったんですが、丁度よさそうだったんでそのまま直行して時間潰しました。その後飯を食い、ゲーセン寄って帰りました。そこで、乗ったことなかったんで地下鉄三号線…所謂七隈線に乗ってきましたとさー。半リニアの駆動系ということで、乗った瞬間浮遊感がありましたね。人の動きでゆらゆらと動くんですよこれが。

動く感じは普通のと何ら変わりないです。ニュースではその動きのなめらかさを強調していましたが、それほどでもなかったです。ただ、レールの繋ぎ目を通る時のあの音は無かったですね、リニアだし。空気を切り裂くような音が耳に響くだけ。その通り、天井も低くて小さかったですね。椅子が一人ずつ区切ってあったんですが、あれは不便です…。私は二つ分陣取って座ってましたし。迷惑っちゃ迷惑ですが、それでも人との距離感を保ちたいですからねぇ。

結論としては、人が少なかったのがよかったです。ゆったりと天神に出たい時はそちらを利用するといいでしょう。ただし、駅と駅の間隔が短いため、速度が上がってくるあたりですぐに減速…を繰り返すので、時間的には遅く感じました。すぐ駅だし。そういった面で、急ぐのであれば一号線…を利用した方がいいでしょう。博多まで直行できますし。

さて、ここ数日の疲れもありますし、日付の変わる前に寝ちゃいますよ。そいではっ!

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050324」です。


(05/03/23)鋼の錬金術師その2

帰ってきました。昨日今日の日付はちょっと時間軸的におかしい箇所がありますので、よろしくです。今日、5時半まで見た後寝付き、その後学校へ。そして戻ってきてディスク2枚目を見始めたって感じの流れっす。途中、昼寝というか意識が遠のきましたが、再び17時か18時あたりから見直してっと。やっとこさディスク2枚目が終わった感じですよ。

さて、ディスクも最後となり…3枚目。日付は変わり、24日ですよ。2時半、ついに全話終了しましたー。お疲れ自分!

せっかく二日…三日か?潰して見続けたわけなんで、簡単にレビュってみます。内容としては漫画と異なっていましたが、全51話ってボリュームーは久しぶりというか始めてかも。今までは数十話で終わってしまう作品が中心でしたからね。プラネテスを見た時でさえも、この半分でしたしね。話の構成としては漫画と違うので違和感のある箇所もありますが、楽しめました。うまく伏線を繋ぎ合わせてあり、作品中で時間軸が生きていました。

気になった点が数箇所。湖にエドの姿が映ったとき、鋼の右腕が逆だった気がします。あと、何かの拍子に飛んだ腕も、一瞬逆になってたような気がする。んまぁ、確認しないとわかんないんでしばらく放置しますが。

ロゼかぁぇぇ(*´д`*)

再会を果たしたエドとロゼ。声が出なくなっていますが…。地下を逃げ進み、そこでエドへ向けられ、発せられた言葉…。「進め…前へ…」(だったっけ?)ぶわっ。かなり涙腺緩みましたよっ。感情が高ぶりましたってぇ。こりゃありえないっすねっ!

さて置き、結構狙ってありますねっ(にやにや。アニメですけど、2話に一度くらいの確立で萌えキャラがいますね。この情報をまとめるのも面白そうですが、時間がないんで省略。暇があれば作りますー。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050323」です。


(05/03/22)鋼の錬金術師その1

アニマックス(兄マックスってIME…どうよ?)を見ていると、鋼の錬金術師が放映されていたのでちょっと見入ってみる。いや、いきなりはまった…と言うか、熱が戻った。必死こいて昔焼いたDVD-Rを漁くり出して、1話から51話まで見ることにしたー。というか、きつすぎ…。とりあえず、ディスク1枚目を見終わったのが5時半ってとこ。これでやっと22話なんてありえない…。

明日から学校だった気がする。睡眠時間1時間弱ってとこだけどさ、かなーり厳しい感じがするよぉ…。それでも、帰ってきたらまた見るんだろうな…。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050322」です。


(05/03/21)福岡・佐賀の地震…その後

ネタがないっちゃネタがないんすが。昨日の地震から結構経ちましたが、これを更新しようとしていた24時に地震がありあした。震度3ってとこ。心の休まる暇がないんですが…。昨日の夜も、地震が起こるたびなのか眠りが浅く、度々目が覚めましたし。

いつも揺れているような、そんな感じがこびりついてきました。もう勘弁してぇー。このままどでかい地震があったら、どうしましょうかねぇ。阪神淡路の時はテレビが特別報道になるので嫌がっていましたが、身をもって特別報道の有難さを…って、このネタは昨日やりましたね。

ともあれ、なんだかなぁーって感じ。早く平凡な日々に戻らないかなぁ。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050321」です。


(05/03/20)福岡・佐賀の地震

もろ震源地近くだったんでびびりましたヨ。うちの所は大体震度6弱〜強ってとこでした。昨日の疲れもあり、うとうとと眠っている時…その地震は起こりました。家中が揺れる感覚。重力がおかしい方向からかかってくる。とっさに「こりゃやばい!」と思いましたよ。

布団の中にいたので、あわてて首を持ち上げて辺りの様子を伺いました。見事に揺れています。団地なんで、団地の棟が崩れているんじゃないかと思うくらいでした。崩れたらマズイっすね。仮に団地が崩れたとします。そうすれば…私は死ぬでしょうが、荷物が落ちます。…エロゲのパッケージや、ギャルゲなどなど。見つかってはやばいようなものが降ってくるわけです…。…恥ですね。荷物がありすぎて、もう何が何やら…。幸いにも団地は崩れませんでしたけど。

もうこの団地も20年とか30年近く経っているでしょうし、地震なんて怖すぎです!壁が崩れたりですらやばいとは思いますが、崩れる時はあっという間ですからねぇ…。このディアマイコレクション(ギャルゲ・エロゲ)はどうすればいいんでしょうか!物置でも借りますかねぇ…。

さて、地震が収まると同時に上から水が降ってきました。5階あるうちのここは4階ですので、水道管かもしれませんが…。団地全体の間取りが同じなら、この上には絶対に水道管なんて通っているはずがありません。ありえない。多分、お茶か何かをこぼして垂れてきたんでしょうねぇ…。流石というか、嫌すぎる環境(団地)っすな。防水対策しようよ!隙間多すぎ。まずありえないとは思いますが、上階に住む住人…幼女とかの失禁だったりして。それも微妙に嫌なんですけど…。

環境によって、上の文字に斜線が入っていないかもしれませんが、それはキャッシュからのせいでしょう。CSS読み込まないと、デザインが微妙になりますんで。とりあえずサーチエンジンのキャッシュからご覧のかたがたは注意っと。

さて、タオルを持ち出してその水を拭きつつテレビをつけます。今まで気付きませんでしたが、NHKの有り難味をその時知りました。流石民間放送、総合はずっとその情報を流していた気がします。他のチャンネルも地震情報でしたが、軽く流すとすぐに通常放送に戻ったり。NHKに有り難味を感じたくはないですけど、情報には感謝。それでも来年からは受信料払う気はないんですけどね(笑

災害時に携帯が繋がらないってのも身をもって体験しました。荷物だらけの私の部屋はまぁその水を除けばまぁ無事で、全3部屋のうちの1部屋が荷崩れしていたくらいでした。意外と保つもんですねぇ。そういったわけで、今後も震度6前後の余震が起こる可能性があるとのことなんで、しばらくは気をつけたいと思います。てか、どう気をつけるんでしょうかね。

とりあえず、屋内にてちょっとした被害があった箇所を画像にてご紹介。

050320福岡地震 自宅にて一番被害のあった部屋

050320福岡地震 洗面所崩壊!?

見ての通り、うちの中で一番の被害部屋と、洗面所で落ちてきた雑貨類です。前者は親の寝室も兼ねているので、何事もなく幸いでした。もしここで寝ていたら…と思うと、ぞっとしますね。今回の地震で、新潟の地震がえらく大変なものであったことを今更ながら体験しました。こんな身近で起こると、そう考えさせられます。いやぁ、考えたくないのは山々ですが。他人事ではないってのは、このことでしょうね。

この地震でお亡くなりになった方がいるようで…謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


さて日頃悩んでいたんですが、本日やっと「_summer」応援バナーのリンク集に登録しちゃいました!こんなサイトですが、皆様今後ともよろしくお願い致します!

地震があれなんで、寝れるうちに寝ておきますっ。只今3時半也orz

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050320」です。


(05/03/19)個人情報の取り扱い

今日の補習は終了しました。あとはまた数日後っと…。お茶を飲みつつまったりしていますが、レビューが追いついていませんねぇ…。MMORPGの方は順調なんですが。また依存してる…orz

先日の日記でちらっと語りましたが、現在も」「ゆのはな」と「Milkyway3」の応援バナーは上記に」掲載していません。どちらも「複製原画付きサイン色紙」を貰うことができるので、ぜひとも参加したいのですが…。ここで、今日のタイトル「個人情報」が絡んでくるわけです。

「個人情報保護」が叫ばれている現在、ついにその保護に関する法案「個人情報保護法案」が施行されました。詳しいことを知りたい方はhttp://www.itmedia.co.jp/news/privacy/あたりをご覧下さい。詳細に書かれていますので。今回はこれを読むのが面倒なので、思いつくままに書いています。つまり、信憑性は薄いってこと。でもまぁ、簡略的に書こうとは思っています。

普段、私たちは何気なく個人情報と呼ばれるものを扱っています。生活していれば絶対に発生しますよね?日本にいれば、氏名ってものがありますし、住居があればそれも住所となります。ここまではいいですか?

そして、ネット内だけではなく、生活面でもそのような情報を求められる時がありませんか?免許を取るときには書きますよね。メンバーカードを作る時も大抵いりますよね。もし路上アンケートなんかに答える場合も書いちゃいますよね。極端な話ですが、履歴書にも書いてますよね。あれは物凄い情報です、経歴とか家族構成とか全部わかちゃいますから。

そのような「個人情報」を保護しようっていうのがこの法案です。よくニュースで見かける「個人情報漏洩」を抑止しようってこと。つまりは「個人保護」です。この法案は私は結構好きです。なぜかといえば、現在私は個人情報について争いを起こしたい事柄があるためです。相手がとあるテレビ会社ってのもありますんで、ネタにはなりそうですが(笑。

そいったこともあり、私は個人情報の取り扱いに多少敏感になっています。以前の私でしたら上記応援バナーに速攻で応募していたでしょう。ただし、上記には「個人情報の取り扱い」について一切書かれていないので心配です。

個人情報というものは一人数円といった単位でやり取りされていますが、それが大勢となるので数万円からの単位になります。そういった現状は、そういった場所に入らないとわからないですよね。事実、私たちはそのように自分の情報をやり取りされている場面に出くわすことはありませんから。間接的にはDMとかありますけど。ともあれ、闇で行なわれていることは中々わかりませんから余計に不安ですねぇ。逆に「知らぬが仏」って考えもありますが。

この法案だと、企業も個人情報を保護しなければなりません。所謂、顧客情報ってとこです。違反すれば半年以内の懲役か30万円以下の罰金だった…かな。ここはうろ覚えですが、確かそんな感じだったと思います。んまぁ、個人情報ですから、訴えない人もいますから10人訴えてきたとして、300万円ですよね。妙に刑罰が軽い気がしますが…。流れた情報というものは、止めることはできませんからね。そういった意味で、一度流れてしまえばもう情報は止められないのです。

上記だと、100人だと3000万です。大勢が集まれば威力を発揮しますが、個人が訴えた場合はどうでしょうか?「世論」「評判」といった面で打撃を受けるという考え方もありますが、これだと効力は小さいですね。むしろ、裁判所に訴えを認めてもらえない可能性だってあります。とりあえず、見えないものですから情報の漏洩を訴えるのは難しいような気もしますが…。物的証拠があれば別でしょうが。

んまぁ、住所は引っ越せば変わりますけどねぇ…。電話番号などもある程度変更は可能でしょう。しかし、氏名までは…ねぇ。姓が変われば多少違いますが、変わらなければ情報丸わかりですし。ネットはそういった所が怖いです。エクセルデータなどで検索すると出てくる場合もあるそうですし…。団体の情報で。

氏名は個人情報にならないとか言いますが、私的には個人情報です。一番の元になるものだと思います。個人が特定できるとはどの定義でそう言うのかわかりかねますが、私は氏名が漏れるのが一番嫌です。住所などより、一番検索材料になりますから。個人情報は取り扱いに気をつけなければなりません。

と言うわけで、今回特典は魅力的ですが、リスクを考えるとちょっと引きます。何とかならないかなぁ…。せめて氏名だけは隠したいもの…。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050319」です。


(05/03/18)嗚呼、人生

ついに休みが終わるのですね。今朝まではまだまだあると思っていた休みもあとわずか…。というか、日付変わってます。そんなわけで、寒々ながら私は眠りに就きたいと思います…。

「_summer」応援リンクへの追加作業がいつになってもやらないままですが、まぁそれも一興。明日行けば数日また休みなので、その時にでも頑張ります。

というわけで、夜は「Dear My Friend」を少々。4時に寝付いてそれから12時半くらいに起床。その後とあるMMORPGに華麗に復帰…らしい。その後は5時まで狩りしたりと色々と大忙しでしたが、まぁそれでも頑張った。久しぶりにするMMORPGは新鮮な感じ。以前より積極的に声とかかけたりしてねぇ。まぁいいけど、ギルドが面倒ですな。毎回、1スレに1レス返さないといけないだろうし…。これからはまったりできなくなるなぁ。

とりあえず、レビューの改修作業を開始しときます…多忙だぁorz


マビノ×スタイル公式サイト更新
公式サイトが更新されています。ちょこちょこ更新されています。今回は「ゲーム内容を体験できる新作PVを公開」「キャラクターページ更新」と「スタッフ通信ページ新設」について。PV見て萎えた。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050318」です。


(05/03/17)_summer応援バナー追加っ

巡回をしつつ歯磨きしていたら、くしゃみしたくなった。もししていたら、きっと大変なことになっていたんだろうなぁ…。そこら中に飛び散る歯磨き粉、つまりはPCの前に飛び散る白い液体…。うわぁ、嫌過ぎる。「PCの前でナニやってたんだろう」って感じになっていたと思う。よかったしなくて…。

さて、巡回終わればすでに1時半ってオチ。毎日毎日この生活やってて、止めたいけれど止められない依存的生活。ネットを彷徨っているとDonutRAPTのバージョンが上がっているのに気が付いたので、更新しておく。#58から#62へ。類似というか、巡回中に見つけた「Thunderbird」というソフトが気になります。が、セキュリティー面を除けばOEでも特に問題なく使えていますし…。うむぅ、便利だってんなら使いたいですが…。インストールが必要なのはちょっと引きます。レジストリがぁー。神経質過ぎ。

春休みになったんで、これからまた休みばっかりだなぁーと思っていても、そうもいかないんですよねぇ。補習…。んまぁ、大半は休みってことで安心は安心。ただ、席に難がありますなぁ…。人間関係で。嫌過ぎる…。

「_summer」の応援バナーを追加しました。期待していますが、流石にゲームが残っているので発売前レビューなどページの準備ができません。そもそも作成しても購入できるかは謎ですし。発見したのは3月5日になっています。これまた巡回中に「綺麗な空のCGだなぁ」と思って興味を惹かれました。そして速攻でお気に入り登録して…。とりあえず様子見でしたが、やっと動く気になってきたのでバナーを追加しました。まだ登録していないので、後日登録に向かいまする。

もうすぐ2時になりますが、寝る前にまた「Dear My Friend」をやって寝ようかと…思いましたが、眠気が勝ったんで寝ますわ。いっそのことゲームパソコンからもサイトを更新できるように環境を構築すれば、楽になるのかもしれませんが…。ファイルの同期の問題から避けたい所。いや、別にFTPから最新をDLして更新始めればいいだけなんですけどね…?

昨日の更新の時にすっかり忘れていましたが、サブPCにてAtok17をインストールしました。過去に痛い目を見ているので、Atokは避けていたんですが…。案外使えます。IME風ですし。痛い目を見た時は、なぜか英数字とかなを入れ替えるキーが無変換の位置になっていて困惑したもんです。今回はちゃんとできましたし、変換も賢い…というわけではありませんでした。まだOSを入れて日も浅いので、IMEもまだいいんでしょうが…。これを書いているメインPCだと差が目に見えるほどでしょうねぇ。馬鹿変換IMEめっ。顔文字入れたのが問題って気もします。あとは、馬鹿変換を覚えてきてるからなぁ…。

気になっているものをメモするのです。レビューページのミスや語弊を修正すること。読みにくいですじゃ。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050317」です。


(05/03/16)MADanimeAIRとアクメツと簡易アクセス論

さて、昨日は書く暇なかったんで今日の続報を。とりあえず、FlashでMADAIRを作成することはちょっと厳しいような気がしてきました。なじぇって、もろFlash初心者ですから。いきなりそんな大掛かりなもんは無理っす。というわけで、Adobe プレミアとかその辺りでちょっと作ってみようかと思います。これならWindowsムービーメーカーで経験ありますし、どことなくパワーポイントちっくですし。mpegあたりなら仕切りも低いかと。そんな訳で、MADAIRはまた今度にしておきます。

アクメツ12巻買いました。ふむほむ、そゆわけっすか…。わたしゃ単行本で読んでいるんで、毎回楽しみにしていますが…だいぶ核心に近づいてきましたねぇ。感想としては、現実味がないのは当初からですが、難しい方向…クローンとかそっち方面に向かおうってのがちょっと戸惑い。今後どうなるかに期待しますかぁ。最近、アクメツが減ってきたと思う。過去の回想とかがその分多くなってきたしね。

ゲームをする時間もなく、Dear My Friendの続きが出来ないのが何とも心残り。明日あたりから開始しますかねぇ?んで、春休みってことで仮引退…休暇していたMMORPGにその間だけ復帰しようかと目論んでいます。その点に関しては、もう一方のサイトでやってますので、こちらの更新が滞るわけです。いっそ合併しちゃった方がいいんすかね…。

検索サイトに乗って、たまーに人が訪れるくらいのサイトですが、過去に比べればそれでも十分マシな方です。当初は、検索にもなぜか当たらない不思議なサイトでしたからねぇ。metaタグとかがおかしかったんだろうけど。そういった意味で、もっとアクセスを増やすためには何か登録した方がいいんでしょうけど…。

一回の訪問者は増えても、数回訪問するかどうかはまた別の話なんすよね。つまりは、短期的なアクセスアップにしか繋がらないと。それもどうかと思いますが…。どうなんでしょうかねぇ。それでも、名を轟かせるには短期的でも人が来ないと話になりませんしね。こんなサイトをいきなり紹介されるとも思えませんし。とりあえず応援で登録でもしますかねぇ。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050316」です。


(05/03/15)寝すぎです。

一日中…もとい、帰宅後就寝。夜中起床の夜中再就寝。朝起床という夜行性生活を営んでいます。何やってたか忘れたというか、何もやっていないような予感。FlashでMADのAIRに挑戦しようと目論んでいましたが、あえなく玉砕。このことについては明日にでも書き連ねますわ。

さて、明日明後日の二日間学校行けば春休みってことですね!嬉しいような悲しいような…。補習あるし…全員強制の。

最近更新が滞っていますが、ちょっともう片方のページの更新に寄って来ているので、あちらがリニューアルするまでお待ち下さいな。いや、メインはこっちっすから。見捨てません。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050315」です。


(05/03/14)気まぐれに

気まぐれにCSSのリネームしちゃいました。その他、もろもろ弄りましたが…。一番の目玉は「Monochrome」レビュー完了ですかね。長かったんですが、「Dear My Friend」攻略に伴いやっとかないといけないかなぁと思い、ちゃっちゃと書き上げちゃいました。うん、後半支離滅裂なってますが、お気になさらず…ははは。公式サイトと製品の矛盾はまだいまいちなんで、その辺を中心に加筆修正ですかね。

今日はスタディーチャージだかスタディーサポートだかのテストだったんで、意外と早く終わりました。明日から二日間、午前中だそうで…。ゲームできるかもかも、嬉しいなぁ…。やることは山ほどあるんですけどねぇ…。特に、サイト更新あたりを重点で…。

さてま、眠いですし、明日は最後の朝補習なんで遅刻しないよう早めに寝ますわー。もう2時だけどorz

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050314」です。


(05/03/13)Dear My Friend攻略開始ーっ

「Dear My Friend」攻略開始しましたー。んで、ページも公開しました。詳しくはそちらをご覧下さいー。

昨日から今日にかけての行動をメモ。昨晩2時より「Dear My Friend」攻略開始。司編終了が7時。それから睡眠。起きた時間が16時半だったりしますが、ゲーム再開。麻衣編終了が10時半ってとこっすね。現在時間が許す限り進行予定。明日以降になりますけどね。

そいや、進路について母者と話しているとき、不意に棚に並べてあったエロゲに目がいった模様…。「加奈…おかえり!!コレクションBOX」を見て、

母者「加奈の絵ってあれだね。こうゆうのがあるから男の人って…」

なんて言ってるよ。最後の方聞き取れなかったけど…。んでもって、何やらアニメ絵について悟ってるような…。

母者「世の中って男と女しかいないんだから…」

いや、確かにそうですけど…。とりあえず、その辺りで止めました。なんだか居たたまれないんで…。確かに、二次元ってのはいいもんですけど、三次元もまた然り。当たり前ですけど三次元のが優先ですよねぇ…。二次元はあくまで趣味と割り切ってますし。その時点でもうダメぽってのは置いといて。そんなわけで、「マビノ×スタイル」初回限定版と「Dear My Friend〜Love like powdery snow〜」を注文予約しましたー。今回もSofmapさんで。

さてさて、マビノレビューで話したように、最近よく応援バナーなんて見かけますが…。ついには色紙つき応援バナーですか。こりゃ参加してみますかねぇ…。そうすると、サイト上部が埋まっちゃうし…。下部に移動させて、そこでバナーを貼り付けるってのもありですけど…。それだと申し訳ないですし。とりあえず応募締め切りまで保留しときます。予定は「_summer」「ゆのはな」「Milkyway3」ってとこです。「つくしてあげるの!」に参加できなかったのは残念ですね…。参加する理由は邪かもしれませんが、理由はともあれこういった参加型の何かがきっと売り上げに貢献するでしょう、多少は。

日記って日記になりませんし、考察って考察もなさそうなんでページ作成に順次しますわ。そいではごきげんよう。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050313」です。


(05/03/12)先延ばしイクナイ

モノクロームのレビューが終わらないうちに次のゲームを攻略しようかと目論んでいたりしますが、それは意味ないとうか後々大変になりそうなので…。必死にレビュー書いています。どうしても無駄な語句が並んでしまうのは仕様ですかねぇ。簡素な文章が書けなくなってしまった今日この頃。

さて、今回遊んでみようと思ったのは「ラムネ(ねこねこソフト)」…ではなく、急遽「Dear My Friend(light)」になりそうな予感です。理由はレビューにて話しますが…。一体どうなるやら。性格上、きっちりしたいのでモノクロームの感想が終わるまでできそうにないですし…。どうにかしたいですねぇ。世のレビューサイト運営者様はどうやってあれだけの数をこなしているんでしょうかねぇ…。不思議ー。

とりあえず試しに冒頭部分だけやってみましたが…やばい、はまりそう。というかはまった。かなーり面白いですよん。というわけで、残りは専用ページにて。

明日で休みが終わりですが、他で運営しているサイトにかなりの矛盾点を発見。追加依頼があるのにこなせないままになっています。えらいこっちゃえらいこっちゃ…。何気に多忙な週末になりそうですねぇ。寒波再来なのか寒いです。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050312」です。


(05/03/11)ライブドアVSフジテレビその後

さて、先日にも考察したようにライブドアに分があると思っていましたがその通りとなりました。そこで一区切りしたとして今回また考察します。

裁判所の出した決断通り、フジテレビの「企業価値を守るため」というのは今回の場合では当然「経営権を守るため」と見られても仕方がありません。それを控訴するなど愚の骨頂としか言いようがないですねぇ。けれども正義は人それぞれですし、最高裁まで行っちゃうんでしょうかね。ともあれ、最高裁までやり続ければいつか逆転する可能性もありますしねぇ…。矛盾してるなぁ。

日本の裁判ってこんなもなでしょうかね。控訴ってどの国でも聞きますから日常なんでしょうが、明らかな問題まで控訴して長引いてもねぇ…。とにかく、ライブドアが有利になるとは限らないでしょうし…。果たしてどうなるやら。

前回は語れなかったので、野球の時のことについて細々と。

今回のことといい、もしかしたら本気で買う気だったんでしょうか。もしくは、参入する気だったんでしょうか。あれは売名行為かと思いましたが…。ただ、それでもネットでの知名度といえばYahooが一番高いような気もします。ライブドアがその点を賭け名を売るための投資…ではなかったんでしょうか。んまぁ、それまではライブドアってのは名前すら知りませんでしたからねぇ。効果はあったと思います。

今日は昨日の通り歩きっぱなしでした。歩き終わったのでよかったものの、足に豆はできるはで…ぼろぼろ。二日間の連休がこれほど輝いて見えたのは久しぶりですね。身をもって実感する喜び。

さて、それはともかく。明日は部活の打ち上げがあるらしいですが、不参加。というか初めて聞いた。どうせそれだけってことでしょうし、行ってもしょうがないんでまぁいいやーみたいな。人間関係って面倒ですよね。誰もいない世界ってのも憧れますが、寂しいことでしょう…。

副管理人こと睡蓮氏が液晶を買ってくるとか。前回PCの故障により新PCを手に入れたものの、ディスプレイがないという事実が…。今まで親の仕事用のを借りていたそうですが、今回ついに自分用に購入するとか。いいものを手に出来ることを祈りますぞ!

明日は雪が降らないこと願います。


◇マビノ×スタイル公式サイト更新その1その2
公式サイトが更新されています。発売に向けて色々とあってますね。今回は「複製原画展」と「店頭試遊会」について。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050311」です。


(05/03/10)鬱でたまらん

もう鬱でたまらん、こんばんは。

言葉の暴力って辛いよネ!がモットーです。てか今しました。とにかく辛いことばっかで逝ってしまいたい。逝ってみたいと思いませんかぁ〜るるっる〜♪

ついでに、JAVA(ezplus)の勉強(てかsvg_sys2だったりするですけど)でもしようかと思ってインストールやらしてみましたが、成功せず。おかしいって!

さて、気を取り直して…テンションは低めだったりですが、明日は何気に40kmを走破しようという学校企画により歩きまくります。天気によると、見事晴れるらしいので…。いや、授業するよりマシなんでいいんですが。それに、今年は道路工事の関係で20kmになるとか。嬉しい限りっすな。

人間関係は楽しみを与えてくれるものだが時としてそれは苦痛に変わる。夢追人(20050310)

という格言を残して去ります。のし

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050310」です。


(05/03/09)ゲーム業界の限界

さてさて、先日の更新でCGIもリンクも終わったんでまったりできるかと思いきや、実際はレビューが終わらないのが一番痛い。一番手間。そんなことを痛感したり。今日は帰ってきて布団に包まっていたら、そのまま寝てしまったです。それが18時頃。起きたのが日付も変わった6時頃…、ありえない。というわけで、更新する所じゃなかったです。

というわけで、「というわけで」を多様しているような気もしますがそれもマイブームのうち。今日はせっかくなのでゲーム業界の限界について考察したいと思います。なお、ここでは「ギャルゲ・エロゲ」のことを「ゲーム」と表記しておきます。本日限り。また後日に変更があればその日限り注釈します。

ゲーム業界は限界らしきものを迎えています。「萌え」を重視するあまり「属性」へと偏る内容。「CGと属性が揃えばいい」といった具合に。そして、ゲームの肝とも呼べる「内容」の飽和。そうです、飽和しています。

性格から外見まで偏ってきています。大きく分ければその代表も見えてきますが、今回は割愛。今回は主だった箇所を述べますので。

まずはCGの面。ちまにみキャラクターCGも含めておきます。CGは構成がありますね。写真の構図と同じです。つまりは同じ格好となることが増えてきます。そりゃこれだけゲームがあれば偏ってもくるでしょう。新たな構図を生み出すことは困難です。だからこそ四十八手というものが固定されているのでしょうし。もし仮に構図を生み出すことが容易だとすれば、要点の決まっているとはいえ四十八手というものはもっと増えることでしょう。飽和された中でどのような構図が場面に合っているかを見極めることが必要です。

次にシステム面。これは各会社によって様々です。ただし、効率的に読み進めるためにはある最低限の機能が必要になってきます。セーブ・ロードは基本でしょう。そしてページバック(ログ)やスキップも基本。高機能になるとクイックロードなども付加されています。述べるときりが無いのでこの辺で。最低限の機能があったとして、付加価値的に機能を増やすとゲームの効率(重さ)が変わってきます。そりゃ軽いに越したことはありません。いくら性能がよくなっても、PCは性能が各個の差が激しいですから。

シナリオ面。これは大きな差をつけることのできる箇所ですね。シナリオといえば書き手によって様々です。それこそ構図といった問題よりも文章力といった点に要点は偏ります。人を泣かせる・感動させるといった作品はシナリオあってこそです。その感動にはストーリー型と文章力型とありますが、ここでは割愛。何よりやりがいのあるものだと思います。芥川賞や直木賞といった表立ったものとは違いますが、ゲームにおいては重要な位置を占めています。なお、私がこの位置に近いのでちょっと主観が寄ってます。

そして企画力。こういった具合で、ゲームの増加により新たな内容のゲームを作り出すことは難しくなってきています。オリジナリティーといっても、その内容はどこかで見たことのあるものであることもしばしば。現在私の書いていますサークル用のシナリオもとあるゲームと似ています。しかし、それは過去より睡蓮氏が暖めてきた原案であり、そのゲームの発売より遙か以前からのものです。そういった意味も含め、作品というものは企画によって様変わりします。企画力がなければ作品は全てを巻き込み共倒れします。そういった意味で、元となる企画力も大切です。

作品人口は個人的には「CG<システム(プログラム)<企画<シナリオ」と思っています。逆に言えば、需要はその逆になるということですね。シナリオというものは日本語の組み合わせですから日本語こそ理解できれば誰にだって作れます。ただ、その内容を面白いものにするかはその人その人、書き手によって違ってくるのがまた面白いですが。

ゲーム業界の成長によってゲームが増加しました。面白い、面白くないを問わず増えました。結果として内容の飽和現象が起こっています。もちろん、現在においても他の作品を一線引いた位置に出るものも多々あります。まだまだ良作は出続けています。隠れゲーや地雷とも呼ばれますが、確かにそうです。しかし、それはどうでしょうか。二つの理由を挙げておきます。

一つは過去の良作の方がいいと思うこと。過去の良作を越えるものはないという考え。この二つの事柄のために良作を見極めることが出来ない。そういった作品に問題があるという考え方です。

もう一つは読み手であるユーザーのクオリティーが上がっているという考え方。良作に触れ続け、その感性を磨いたユーザーたちには現在の良作ですら普通と感じてしまうということ。これはユーザーのレベルが上がることによるもの。

どちらも一概には言えません。作品を育てるのはユーザーであるとも言えます。当サイトも参加していますが、参加型の応援バナーなどもあります。よく売るためには広告が必要です。そういった意味で有効でしょう。ただし、これは一般ユーザー(サイトを持っていない人)との差を生み出します。それはここでは割愛…というか関係ないですね。今はゲームの話ですし、売り上げの話じゃないですし。

ゲーム業界の飽和を緩和することはできません。今もなお多くのゲームが売り出され続けていますし、過去の作品を消すこともできません。何らかの対策を施すために、偏った作品を作り出すしかないのかもしれません。それは悲しいことですが、それも一つの形ではないでしょうか。そして、飽和した中に良作が生み出され続けています。

…あー、上手くまとまらなかったorz

適当に思い出したらまとめるかもしれませんし、そのままかもしれないし…。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050309」です。


(05/03/08)もどかしさと苦痛の日々

さて、本日より地獄のような日々が開始されました。その内容は「地域の店舗や施設などを回りポスターを貼ってもらう」ことです。喋る事の苦手な私としましては…避けたい事柄ですよ。けれどーも、それはなんと調査書の「ボランティア」となるので利を考え参加。いい加減、人間関係で悩むのは面倒なんですが、悩まずにはいられない性分。

今日はかろうじて担当の先生が休みだったので帰ってこれましたが、明日から本格的に開始っぽいです…。うわぁ、地獄ー。死ぬぅー。胃に穴が…。とりあえず準備として、髭を剃って、眉を整え、髪を整えて…。あとは明日にでもガムと油取り紙を準備しようかと考え中。ポジティブに行きましょう…鬱orz

さて、もどかしさですが。知っているのに知らないふりをするのは大変なことですねぇ。ちょっとしたことですが、「インターネットとは?」と聞かれ「電話回線のこと?」と答えたりですねぇ。他にも知っていることをさも知らないことのように振舞う。うわぁ、つらー。

職業柄こっちが答えちゃっても申し訳ないような気もしますし…どっちが正解なんでしょうかね。

さて、明日から地獄…胃に穴が開く前に終わって欲しいですね、ボランティア。

更新の話ですが、今日完璧に終わりました、今まで気にしていた箇所。cgi-binに収納できずにいた箇所を収納し、リンクページをきれいにまとめ、その他のファイルのハイパーリンクを修正し…。というわけで、これで残すはレビューページですね、現在のことは。他にもいっぱいあるんですが…。春休みにでも終わるといいなぁ…。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050308」です。


(05/03/07)学ぶこととその現実

ウィルスバスターが期限切れしたのに更新できるのは不思議ですが、嬉しい限りです。こんばんは。日々鬱々と過ごしているですが、まあそんな日々も悪くないですね。精神衛生上は微妙ですが。

さて、今回は学校で見せられた人権学習らしいビデオの感想について考察しちゃいます。なお、多少偏見交じりですがよろしくー。

舞台は中国のとある田舎。学校に通うことのできないある少女と、その兄弟のお話。ちなみに少女は長女で、下に妹と弟がいます。金銭的な問題で学校に通うことの出来ない少女ですが、担任の先生が保証人となり学校に再び通うことができるようになります。しかし、他国の支援や援助のおかげで学費を払う必要がなくなる。その後高校進学を考え受験をし、見事合格するもその金額の高さに諦め、出稼ぎに行くことに。その金銭の大半を仕送り、妹や弟は学校に行けることになる。自分が行けなかった高校に行ってくれることを願う家族愛。家計も仕送りのおかげで苦労なく過ごせるようになる。ちなみに、日本円で約7200円分の6000円くらい仕送っているらしい。学費は…忘れたです。というわけで、学校に通うこととそのことが叶わないことを放映したビデオでした。

日本の幸せさ裕福さが助長されているビデオだった気がします。いくつか耳に引っかかったことがあるんですよねぇ、残念ながら。今後、この内容の感想を書かされるらしいので、メモ程度に語っておきます。というか、考察よりそちらがメイン。

「少女は学校にも行かず、家の手伝いをしている」

はあ?って感じ。この言い方だとさも学校に行かないことが悪とされている。正確には「行かず」ではなく「行けず」 の方が正しい描写だと考える。なぜ自分の意思であるように語られているのか。確かに自分の意思で学校に行かないと決めた節もあるだろうが、それは学費の面から考えれば他の事柄が干渉している。最終的には少女が決めたともあるが、その内面は大きく異なる。やはり日本の子供らに向けて勉強を促す内容だという感が強かった。

「姉さんに高校に行って欲しい。自分が行けなくてもいいから」

かー、泣かせるねぇ!今時こんな情景に出会ったことがあるかねぇ…。日本じゃまずありえないでしょうね。日本の他人への関心の無さが滲み出ている気がする。家族間であってもこんなことめったにない。欲と憎しみの交じり合ったものを自然と目視しているからだろうかね。人の温かさってのに触れた気がする。ここでは、姉が高校を合格したものの費用が足りず、妹たちが自分らは中学校に行かなくてもいいから〜云々って話。

「弟や妹に学校に行って欲しい」

姉の心情。出稼ぎ先で聞いた話交じり。姉は自分が出来なかった分、妹や弟に高校まで行って欲しいと願っている。くゎー、これまた凄いー。互いに思いあってます。ちなみに、姉こと少女はパソコンを勉強したいとか。金がよくなるからって話。現実味を帯びていますな。

日本円で…

そもそも、貨幣価値というものが違うのだから、日本円で表すことに疑問を覚えるのですよ。これだと、「たったそれだけの金が払えないのか」という感想しか持てない。かといって、「なら払いましょう」といった感情になることもない。結局は他人事なのだ。貨幣価値が違うのであれば、日本円でその額がいくらなのかではなく、日本でいくらになるのかを表した方がいい。結局、日本でその額を表したとすれば「20万円の給料のうち17万を仕送りしている」と言ったほうがわかりやすい。やはりここにも「たった小額すら払えない現実」を訴えかけるテレビ側の意図が伺える。

ちょーっと印象に残った場面を書き連ねてみました。実際、日本の学生全般(小・中・高・大)は勉強することをあまり快く思っていない。それは、学校に通うことが「当然」となり、日常としてその中に入り込んでしまっているから。身近にありすぎるものに関心を示さないのは、すぐそばに空気があることを意識しないことと似ている。勉強できる環境がありながら、勉強しないことを望む。勉強をしないことを「当然」にすることを望んだ結果だろうか。勉強は楽しいものではないとよく言うが、そういった国々では学校に通うことが楽しいものであり、また学校で勉強することもそれと同様とされている。その考え方の違いはなんだろうか。

仮に今現在学校に通うことが困難な子供たちがいる場所で、当然として学校に通うことができる環境ができあがったとする。その子供たちはいつしか勉強することが嫌いになるのだろうか。答えは否であると思う。学業がその後の生活…つまりは給料に繋がるのであるからして、それらは当然であろう。

しかし、日本も元々はそういった環境にあったはず。戦後の世の中を問わず、いつだってそのような環境が出来上がった。その時は勉強することは必要なことであり、そしてその結果として今の繁栄がある。今の子供と呼ばれる世代はそういった苦労を知らず、「当然」が乱立している世の中に否応なしに生み出された。生まれながらにして「当然」が確立していたのだ。

そういった意味で、勉強を忌み嫌う。それは、勉強が面倒くさいものでありまた辛いのである。学ぶことが「当然」とされた社会では、今でも学歴社会が確立し続けている。そして、高校卒業は当然。大学すら当然となっているのが現状だ。そういった「学歴社会が強要されている」=「学ぶことの強要」はこれから先、頻著になっていくだろう。学歴社会の廃止を願っても、一度確立したそれを正すのは難しい。

今はわからないが、将来そういった現在学ぶことが難しい子供たちも勉強嫌いになる日が来るのかもしれない。

この番組では勉強できない環境に線引きし、日本の裕福さを助長した。そもそも、それがおかしい。線引きする場所で何もかも変わってしまう。日本に線引きすればその逆の環境は異常として扱うだけで終わってしまう。下部に線引きをしたことこそが日本の子供たちへ向けたものであるからこそではないだろうか。

映像中、取材期間は五年間とあった。そのような取材費をその少女ら家族に与え、取材せずに学費に当てることができれば他の結果が得られたはずだ。しかし、そのことを行なわずあえて傍観者であり続けた。メディアとしては正解かもしれないが、どうも腑に落ちない。ただ、取材費としていくらかが家族に支払われている可能性もある。

そういった意味で、学業の相反する所は「出来る場所はないことを願う」「ない場所は出来ることを願う」のである。単なる「無いものねだり」であるような気がしてきた。日本の学生らが勉強できない環境に陥った時、その大切さにはじめて気付くかもしれないし、もしかしたら喜ぶかもしれない。その瞬間こそ訪れる日が来るかはわからないが。

そうして、学ぶことの大切さを知った。けれども微妙な後味が残った。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050307」です。


(05/03/06)何もない日常

何事もなく流れてゆく日常に覚えれていましたが、また明日から学校が始まりますねぇ…。そのことを考えるだけでも鬱いよ

さて、そういった中でぼちぼちと更新していくサイト運営。もう一つのとあるサイトを久しぶりに更新しました。そこは同盟関連が主なコンテンツになっているのですが、久しぶりに見ると…やっぱり荒が目立ちますねぇ、タグに。元々はそのサイトのソースを参照して作っているわけですから、こちらのサイトの方が最新ということになります。もちろん、こちらには力を入れています(あちらの力を抜いているわけではないですけど)ので、日記へのリンクなど細部に渡って手が入っています。もちろん、そのための整理も欠かさずやっていますし。日記ログ目次なんて面倒なだけなんですけどねぇ、日付別も追加したいと思いますが中々。

話がずれましたが、そのサイトを更新していて本当に二つは運営できないってことですかね、思ったことは。あちらは更新希薄なんでいいですけど、ちょっとでも内容が違うとここまで更新し辛くなるものなのかと実感しました。こちらの方が利便性は高いですからねぇ。

色々と更新したいのは山々ですが、とりあえずレビューページの作成に手がいっているのを何とかしたい所。ゲームもろくに出来ませんしねぇ。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050306」です。


(05/03/05)planetarian攻略完了っ

「planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜」攻略完了しましたー。詳しくはレビューページ参照で。追加しますのでー。

さてさて、何気に更新が滞りがちなサイトですがなんとか生きてます。毎日毎日四苦八苦しながら更新しているので、サイトコンテンツの内容充実が捗らない(言い訳)。事実、コンテンツを追加しようとするとページ一枚起こさないといけないのでかなり時間が掛かります。実際はぐうたらしている時間があるので、集中すればもっと完成するのでしょうけど…。

さて、サイトの内容充実と共になぜか放置されているリンクページを改修しないとなぁと思っています。前サイトで後悔しているリンク回りは更新当初より完成されたものにしておかないと面倒なことになってきますので。ただ、管理人の性格として多少完璧主義的なところがあるのも否めない。自分で言うのもどうかと思うけど。

そういった意味で、サイトの内容充実は結構大変。こだわりとかあって、前ページが整っていないと気がすまない。なぜ…。ちょっとでもずれている所があると納得できない。半角空白の位置がずれるだけでも気に障る。ぐはぁ。そういうわけで、サイト内で同期ができないと更新されないことが多いのは悲しいですねぇ。

さて、ニュースとして下に載せている巫女の日ですが…多少残念なことが。いつもお世話になっています和さんのサイト、当初は「書き中」とあったので飛ばしていたんですが、日付の変わった6日1時頃接続してみると既に削除されているのか壁紙が見つからない!始まりが遅かった割に、引っ込み際だけいいのがなんとも悲しい…。そして、手に入れられなかった自分が腹立たしい!というわけで、今までに増して巡回頑張ります…。絵が好みですんで♪


巫女さんの日リング
・3月5日は巫女さんの日、壁紙などが期間限定で公開されています♪

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050305」です。


(05/03/04)はぅぁ

最後の日。久しぶりの二連休です。もう泣けてきます…。ずっと試験やら模試やらで二連休というものが存在しなかったので…。明日は休みですし、今までやれなかったことを出来るだけやりたいと思います。ゲームやらないとなぁ…。

「planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜」をやろうと言ったままできずじまいだったので、ちゃちゃーっと終わらせたいと思います。詳細はレビューページにて。ほかにもやれるといいなぁ♪

さて、今まで「ニュース兼コラムサイト」として前項を全くこなしていなかったので、これから少しずつ目に付いたニュースを掲載していきたいと思います。コラムらしきことはちょこちょこやってますんでいいかなぁと。毎日毎日ニュースサイトを利用していますが、更新作業をしていて本当に身に染みました、更新の大変さを…。あれだけのニュースを集め、タグに起こして、さらには更新してコメント付けて…とてもやっていられませんよ!?

よくぞまぁと感傷に浸ってみたり。親ニュースサイトはそうですが、実際子ニュースサイトや孫ニュースサイト…以後続くはさほど大変でもなさそうと常々思っていましたが、タグを起こす作業はしないとならないのでニュースを集める手間が省けるだけなんですね。ただ、それだけでも省ければ結構な違いって考え方もありますが…。

それでは、今日は一件のニュースを初掲載〜♪


マビノ×スタイル公式サイト更新
公式サイトが更新されています。情報曰く「大幅な更新」だそうです。詳しくはリンク先参照で。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050304」です。


(05/03/03)自主退学

今日、クラスメイトの一人が自主退学するということを聞きました。あくまで「自主」であります。それは学校側で決めたこと(悪事を働いたため)ではなく、自分の考えからだそうです。何でもハワイに語学留学するためだとか。

うちのクラスは一名が海外に留学生として学校から正式に勉強しに行っています。それは、ある意味の交換留学でありますから、日本の学校はもちろん海外の学校での卒業という功績が残ります。つまりは、履歴書に二つの学校の卒業を書くことができるわけです。ある意味というのは、その学校とは姉妹校提携を結んでいるらしいのですが、向こうからは最近交換留学生というものが来た記憶がありません。無論、過去に来たことはありましたがそれからさっぱりです。やはり日本というものは技術こそ優れていれど、学習施設というものによろしくない点があると思われてでもしているのでしょうか。

さて置き、今日決まったクラスメイトはそのような公式のものではないため、学校を辞める=自主退学ということになったわけです。その話を聞いた瞬間、何とも複雑な思いを抱きました。正直その人とはあまり交友もなかったのですし、週に一回話す時があるのも怪しいです。よって微妙な気持ち。

事実、その生徒さんが退学するという話を聞いて「嬉しさ半分」「寂しさ半分」といった所です。あまり好ましく思っていなかったというものもありますが、その人の人柄というものは結構好きでした。細かい所に気が付き、優しさも併せ持っていたわけですから…。知っているからこそ微妙ーな感じ。知らなかったらこんな気持ちにはならなかったでしょうし。

ただ、そういった意味で夢を追うという行為は尊いものです。本当にそう望むのであれば応援してあげたい気持ちでいっぱいです。遠く異国の地、同じ惑星の上。応援してますぞー。

残り僅かな時を大切に…。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050303」です。


(05/03/02)livedoorVSフジテレビ

時節ネタで今回はこれを扱ってみようと思います。すでに知らない人の方が珍しいであろうこの問題。今回はこのネタなんですが、法廷にまで持ち込まれたのですから、あとは言及するまでもなく裁判官の仕事になります。どっちが勝っても控訴するでしょうし、長引くでしょうねぇ…。

まずは位置づけを。私はどちらかといえばライブドア支持です。睡蓮はフジテレビ支持らしいです。なるべく偏った考察にならないようにするために二人いるわけですので(実際は違う)。

さて、テレビなどのメディアで語ることがないほどに語られているようなのでここで語る意義について悩みますが、てってけてーと書き連ねます。

  1. 時間外買い付けは有効か。
  2. 新株予約券発行差し止めは有効か。

この二つの事柄に焦点が当たるでしょう。この二つの問題は大きな論点となっていますし、この問題くらいしか語る箇所が見つけられないので…。

1.まずはこれですが、その通り現在の法律…もとい、買い付け時の法律ではなんら問題ありませんね。フジテレビ側は他の株主に示すべきとか言っていますが、法律に違反していないのにその発言は無意味。一般常識的に欠けるなどと言っても、堀江社長に常識を求めるのはねぇ…。どっちにしても、違反していないのであればフジテレビ側の発言は無意味なように聞こえます。ビジネスにおいて人道(人情)というものは大事かとも思いますが、短期的な黒字を考えるならこれで問題なく思えます。あとは、法的に問題ないなら別に構わないでしょうに。

2.ですが、この考えは無効でしょうねぇ、やっぱり。なぜかというと、企業を守るために新株予約券を発行することは違法だということからです。フジ側は「ライブドアが株主となることで企業価値が下がる」「新株予約券発行は正当」とか言っていますが、その考えこそ無意味です。フジ側の発言こそが自ら、その発行の意味を企業保守のためと言っているのと同じことだと聞こえましたが…。あまりメディアで語られていないので、この考え方は間違っているのでしょうか。とりあえず、現時点でそうは思っていないので公開しますが。

そういった理由から私はライブドアを一部支持しています。これ以上語り出すと、プロ野球参戦問題にまで行っちゃいそうなので、その辺は追々機会があれば語りたいと思います。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050302」です。


(05/03/01)溺れる人

卒業式が無事終わりました。機器の操作もまぁ問題なくいったと思います。まぁそんなとこ。三年生とOBを含めた有志で何か食べに行くとか話がありましたが、見事に辞退。さっさと帰ってきました。いやぁ、仲がいいわけでもないですし、上辺だけ見繕ってもしょうがないですしね。と建前を述べつつ、実際は話もないだろうし意味ないだろうってことで。

さて、今日はテレビ番組「溺れる人」についていってみたいと思います。突然ですが、これをご覧下さい。

溺れる人イメージ

なぜか番組を見ていると飲みたくなりましたんで飲んでみました。パインの味がなんとも美味ー。うまうま♪

アルコールをあそこまで美味しそうに飲まれると、どうも飲みたくなりまして…。実際、そこらのビールのCMより旨そうだった気が…。さて置き、今日はこの話題で行くと決めたんで適当に語って眠りまする。

人間とは弱い者であり、完璧ではない。そういった弱さを見せられました。ただ、この話は題材こそ面白いものの、二時間で終わらせるのはちょっと惜しい気もしました。CMのたびに話が飛んで、いまいち。人間関係を破壊するその恐ろしさは見ていれば感じ取ることができます。

ただ、内容的に国とかの薬品依存防止キャンペーンとか青少年を守るビデオって感じがったような気がします。実際、内容的には最終的にそんなもんでしょうけど。致し方ないことですし、その中にストーリー性を盛り込むのは大変でしょうし。

白線流しが作品中にたびたび登場しましたが、はっきり言って意味を感じられない。夫と妻の過去の出会いについて語っていましたが、実際作品に直接的な影響があるのかどうか。最終的に、母親とのピアノコンクールについて語っていたりと何が言いたいのか。結局「アルコール依存症は怖い」と言いたいんでしょうか。ただただ「白線流し」という行為について強調したいだけのように思えた。

アルコールに止まらず、依存症というものはなんにでも発生しうるもの。自分だって、どっちかといえばネット依存症だったりパソコン依存症っぽいところもあるからよくわかりますが。それらを上手に付き合う必要性は皆無。溺れることもできるし、かといってその逆もまた可能。その人それぞれに付き合い方がある。

この作品の前作(?)である「光とともに…〜自閉症児を抱えて〜」はいまいち楽しめなかったけれど、これは結構よかったと思う。その時間帯に被っていたNHK総合のプロジェクトXを見ないままこちらを見たのはまぁよかったと思う。実際、機器があれば片方を録画して見れたのだろうけどさ…。今回の内容が青函トンネルらしかったので残念。

そういったわけで、ほどよいアルコールは脳を活性化させる起爆剤ってことで、ほろ酔い気分で床に就きます。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0503.html#050301」です。


Copyright(C)2003-2008 Yumeoibito. All rights reserved.