HomePage>Log>Diary0506

日記ログ05年06月

(05/06/30)意識の低さ

期末考査終了なんじゃー!うぉーっ!やべー!赤点だー!きっと赤点あるー!

「やり遂げた」っていう開放感ではなく、後悔の念ばかりが襲ってきますとも。しかしながら、それでも開放感を噛み締めておきたいと思います、今のうちに。

赤点の文字だけ赤にしている芸の細かさを見せるくらいなら、その時間を少しでも使って勉強しろと言いたい。小一時間問い詰めたい。

試験後の自分へのご褒美のつもりだった「My Merry May with Be」とタブレットが届いたっ!あまりに悲しすぎて、嬉しく思って良いのか悩んでしまう。とりあえず、未開封のまま保存っと。タブレットはしばらくしたら開封すると思うので、その時またレポりま。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050630」です。


(05/06/29)危機感の低さ

うー、ありえないくらいに難しい。ってか馬鹿っぽい。どないしろっちゅーねん…orz

細かい事を気にしていてもしょうがないけれども、やっぱりこのあたりの意識の低さが浮き彫りに。「やろう」と意気込んでもそれが一時の思いであって、長続きしない。いっつもこうなんだよなぁ…。ある意味で、自虐的になってきたんじゃないのこれ。まぁ、あと一日頑張れ…。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050629」です。


(05/06/28)付け焼刃

始まったはいいけど、何気に厳しい。勉強しようとして寝ちゃうし。そんなことをして、直前になって火がついた感じ。遅いって。

今回のテストは重要だってのに、このテンションの低さ。やっぱり進学って諦めた方がいいんかねぇ。もうアボガド。

愚痴ばっか書いてもしょうがないし、あまり覚えていないのでこの辺にしときますかぁ。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050628」です。


(05/06/27)心にもない決意

怖いから試験終わったら今度こそDVDへのデータバックアップ作業を行なおう。そう先日の事故から学んだのです。しかし、心意気だけで実際はそう上手くいかないのが現状ってんでしょうかねぇ。失われたら困るデータ関係だけでもバックアップしといた方がいいんでしょうけど。

とりあえず、どうにかしないとなぁ…。MEたんのバカー!

それより管理が行き届いていなかった自分を恥じたい。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050627」です。


(05/06/26)お気楽すぎて困るー

有線で「逮捕しちゃうぞThe Movie」をやっていたので、それを見てました。昼間からいいご身分ですなぁ。あー、敬語の使い方間違ってる気がするけど…気にしない!

そのほかは勉強するでもなく過ごしたのですよ。ああ、やっぱりありえないですのぉ…。それしか記憶にないし!

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050626」です。


(05/06/25)スターウォーズエピソード2

スターウォーズエピソード2と酒(゚д゚)ウマー

昨日のに影響されて、昔購入していましたエピソード2を見ました。もち、DVDを見るのはPS2でー。テレビで見るほうが楽なんだよねぇー。PCだと音もうるさいしorz

いやぁー、過去見た時はあまり意識してなかったからでしょうかねぇ。よくよく見れば面白いもんで。昨日述べたように、過去を見ていないのでいまいちわからない点もありますが…。とりあえず、3が見たくてしょうがないですよっ!

試験前にこんなことしてていいんかいな…。あぁ、手遅れか(笑

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050625」です。


(05/06/24)スターウォーズエピソード1

スターウォーズエピソード1を金曜ロードショーで見たのです。いやぁ、過去に見たはずなんですけどやっぱりほら、あれよ。人間の記憶なんてあてにならないのよね。覚えているのが、レースするあたりとかそういった場面だけ。

つーわけでまったりと過ごしていたわけですよ、寝転びながらロードショー見て。いやぁ、楽しいね!流石にこれだけの人気を誇るだけあって、ストーリーがいいのよねぇ。わたしゃ数十年前の4・5・6(実際は1・2・3かな。流れ的に)を見ているわけではないのですよねぇ。ちらっとしか見たことないし。もしそれをリメイクしたら面白いんだろうけどねぇー。画像も綺麗になるし。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050624」です。


(05/06/23)携帯(W31CA)への熱意

日々W31CAへの絶え間ない愛を無駄に注いでいるのですが、今更ながらよく考えてみた。ありえないとは思うけれど、一応W3xCAの可能性がなくなったわけではない。けれども、残り半年近くでさらに携帯を出してくるのかは謎。G'zONEがあるから出ないってのもあるけど、開発部が違うだろうし。

そういった意味で考えると、来年になるかもしれないW41CAに期待を寄せるのも悪くはない。au携帯にテレビが一般的になりつつあるのかもしれない。これに関しては夏モデルの反応次第かもしれないけど、機能は強化されるしつきそうかなぁ。そう考えると、多少カメラの画素数が落ちてもW41CAを待ったほうがいいのでしょうかねぇ。といっても、そんなこと言ってるといつまで経っても買い換えれないのですな。

少なくとも今の時点で満足できる状態にまで持っていっているのですし、テレビはテレビです。FMは全く使わないし。AMなら悩むけど。そういった具合から、あまり興味がないんですよねぇ、W41CAには。ただ、かといってW31CAが物凄くいいものであるというのには納得できないし…。やっぱりW21CAからW21CAUでW31CAと外観もさほど変えずにマイナーアップデートを繰り返しているようにしか見えなくなってきますねぇ。どうしようかは悩みますが、とりあえず発売までにはまだ時間がありますし。

新機種が出る頃にはさらに次期の情報はなく、発売されてからしばらくして情報が出てくるのはずるいと思う。それだけの選択の機会が減っちゃうじゃん…。会社は買ってもらわないと利益にならないだろうけど、消費者としてはいいものを選びたいのですよ。

さて、試験まであと5日をきりました。しかし、前回や去年と違ってなぜか勉強をしていません!これはやばい…。落第というより、勉強していないのですから。赤点といった問題もですが、評定値に響いて推薦アボーン(´・ェ・`)とか。

嫌すぎる…。しかし、教室はアホみたいに蒸し暑い蒸し風呂だし、そんなところで勉強なんかできるかっての。滅却すれば火もまた涼しいとか言ってるけど、一応人間だし?限度あるっぽ。んで、今日の放課後は椅子を広げて2〜3時間ほど苦しみながら学校で寝てた。ありえねぇ…。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050623」です。


(05/06/22)「いま、会いにゆきます」読破

昨日の今日で読んじゃいましたー!今は母者が読んでいます。いやぁ、昨日の数時間と今日の数時間。およそ8時間位でしょうか。あー、やっぱり昔と比べると遅くなってるなぁ…。昔は速読っぽく読んでたけど、じっくり読むために無意識のうちにできなくなったんだよなぁー。まぁいいけど。(よくない

さて、感想をば。話題作だったということもあり、やっぱり内容はよくできていると思います。私はファンタジーが苦手ですが、こういった過去と未来の時間軸やらについて考えるのは結構好きです。幽霊は怖いけど。一応、自称リアリスト。そういった意味で幽霊とかを取り除いてしまうと、この作品は完成しなくなってしまうわけで。映画にも興味はあるけど、小説の映画化ではあまり良い話は聞きませんよねぇ…。セカチューとか別かもしれないけど。人気あったのはドラマの方かな、いまいちわかんないや。

というわけで、二度〜三度くらい泣き場がありましたね。特に「エビ反りになって救急車で運ばれる前の会話」と「祐司が母親を探す所」と「澪がうっすらと透けていって消えてしまう所」ですかね。あとは、ぐっときたのが先生から受け取った澪の手紙。これはえらい伏線でしたね。

そういった意味で、かなり楽しませて頂きましたっ。今度は何を読むとか考えていないので、何かビビビと来る作品に出会えるといいですねー。最近人気のある作品を選ぶようになったなぁと実感。堅実がいいのかもしれませんが、それはそれで新しい出会いがないね。

さてさて、我が家のMEたんがお亡くなりになりました。BIOSを覗いてみると、CDドライブもHDドライブも何も認識していないのですよ。そして、黒い画面にただ「オペレーティングシステムが見つかりません」と表示されるだけ。もちろん英語で。やっぱり、これは完全にYb?(※)ゲームのプレイ日記とかを収めたHTMLやら、大切な大切なデータが入っていたのに…。(´Д⊂グスン

あまりにショックな出来事で、感動も半減ですじゃ。どうしようかな…HDたん。Linuxでデータ救出も試みないといけないかなぁと思いつつ、それでも救出できなかった時のことを考えると…orz

とりあえずほったらかしておいたらいつの間にか直ってるのを祈ります…。もし直ったらデータを救出して…。できるのかなorz

※YBとは、元素記号でイッテルビウムと読みます。私が考えた、「逝ってる」をかけた掛詞なつもり。流行らせたい。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050622」です。


(05/06/21)「いま、会いにゆきます」読書開始

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いきなり半角カナ使って申し訳ないです。ついでに、半角記号だか謎いのも。文字化けはしないと思うけど、一応ログの方では全角に直しておきますわー。あ、まぁいっか。化けることなんてめったにないだろうし。

問題はなぜその顔文字なのかってところ。いやぁ、待ちに待った「いま、会いにゆきます」がやっと返ってきたんですよね、図書館に。んでもって、やっと手にする事ができたと。えらく長い間借りていた誰かには恨みすら覚えますが、まだまだ予約が詰まっているとのこと。早く読んで返すつもりはあんまりないけど、この調子だとさくさくっと読んで終わりそうな予感。普通に読んで返すのが一番いいんだけどねぇ。あ、多分母者も読むと思う。

そんなわけで、これから試験だってのにそんなことしてていいんでしょうかねぇー。とりあえず、明日から残って勉強すると思うので、まぁ更新は今度こそ滞ります。忘れないように、メモ程度に日記は書かないとねぇー。

さて、思うところあってコンテンツ「小説」を一時公開停止します。内容が内容でしたし、あまりに恥ずかしいので。コンテンツ内を一新したり、新しい小説をアップしたりとした時に再び公開再開したいと思います。それまではMADでいっときます。

小論文の大会みたいなのがあったので、パンフレットだけ貰ってきました。最優秀賞が賞状に奨学金10万円で、審査員長特別賞ってのが賞状に図書券3万円分だと、後者の方がいいと思ったのですが、やはり値段的に前者のが得だという意見多数。そんなもんなんですかねぇー。

放課後、ちとかっちん来ることがあったので、車道を走る車に追いつき追い抜こうと死ぬ気でチャリをかっ飛ばしたのでえらく疲労。お休みなさい…。久しぶりに本気だった気がする…。

一口メモ:「密告る」で「ちく(る)」と、「輪姦す」で「まわ(す)」と、「強姦む」で「つっこ(む)」と当て字か何かで読むらしい。日本語って奥が深いねぇ。何で授業でこんな雑学(っ!?)覚えたんだろ…orz

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050621」です。


(05/06/20)コンテンツ「携帯情報」公開

2005年2月16日に作成を開始し、最終更新が5月19日となっていました携帯情報のページを公開します。未完成なので公開はやめておいたのですが、うじうじしていてもしょうがないので。内容については随時更新しながら完成させていくことで心理面の折り合いをつけました。

昨日はああは言ったものですが、カテゴリに悩んだので「KOF Search」様への登録は見送っていたのですが、今回副管理人である睡蓮氏と連絡をとって、登録してきました。今度こそ、改めてよろしくお願い致します。コンテンツ内容があれなんで、消されない事を祈ります…。

携帯情報はW31CA購入したら着うたフルの内容とか正式にアップできるかと思いますが、それまでは3g2関連の公開はできないかと。あと、友人がDocomoSH900iからauに乗り換えたので、ドコモの情報もある限りとさせて頂きます。この辺りの文面は次回より更新していきますので。

リアル面といえば、進路部長とクラス全体で面談することとなり…。やっぱり、担任と違って安心感がありました。推薦についてもあまり薦めはしないものの、考えてくれそうだし。あー、でも学校ってのは大勢いますし。学年で換算すると数百人いるんでしょうかね。その中から一人やら二人っていうと、競争率高そう…。泣きたい_| ̄|○

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050620」です。


(05/06/19)MADムービー第二弾公開

というわけで、前回の作品である第一弾MADムービーに遅れること約一ヶ月。ついに第二弾MADムービーを公開しました。それに関連して、「KOF Search」様のリンク集に登録してきました。これで少しは人が増えるといいんですけどねー。これからよろしくお願いしますっ!

実際の所DLしてくれた方々は微々ではありますが、それでも確かにあのファイルがこの世界のどこかで生きていると思えばまぁいいもんですね。ファイルってのはあれですんで、いつの間にやら増殖してたりしてると気持ちは微妙でも、それだけ多くの方々に見ていただければ幸いです。もとい、動画作成の全てを担ってくれた睡蓮氏に感謝感激です。

さて、リアル話です。今日はパソコン専門店にでも行ってメモリを買ってこようかと思っていましたが、そうもいかず。あぁ、メモリを増やしてもそんなに変わらないような気もするけど、増やせるなら増やしてしまいたいジレンマ。どっちが正解かは買ってみないとわからないし…。そもそも、メモリを十分に積んでいるからそこまで体感できるものなのか。

今週から再び試験前になっちゃうので、またもやネットは自粛したいですね。最後の試験になりますし。評定値が確定して、推薦で大学が決まれば一番いいんだけどなぁ…。というか、すでに胃がやられそう!

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050619」です。


(05/06/18)至福のひととき

やっぱり休み前ってのは嬉しいもので、心躍るものです。って毎回これ書いている気がしますけど…。ネタないんですよ。

これからの見通しも厳しく、幸先不安ではありますね。とりあえず、とある事情によりもう一方のサイトについて考えることがありまして。メールにて来たちょっと返信に困るような困らないような内容。メールですら送信するのに数日かかってしまうクオリティーに凹む。

もっと人間関係が上手ければなぁ…。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050618」です。


(05/06/17)メイド喫茶キター!

さて、題名の通り。リンクにもあります〜ケ・セラ・セラ〜さんの所でメイド喫茶なる企画がっ!詳細はこのあたりですよ

ついにこの福岡にもメイド喫茶ですよ。今まで他県を羨ましく見ていたかもしれませんが、今回は違います。限定一日。一日限定の試みなのです。これは行かないでどうしろというのですか。

日付が来月17日の日曜だったと思うので、もし行ければぜひ行ってみたいと思いますー。とりあえず見つけた瞬間、友人一名を拉致しました。んまぁ、たぶん大丈夫だとは思うけど…。もしダメなら一人で特攻してきますかねぇー。

続報次第、また話していきますー。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050617」です。


(05/06/16)秒読み

休みまでのカウントダウンを日々行ないつつ、休みを希望として生きています。ああ、諸行無常の響きあり。ってな感じ。

6月も半分が過ぎてしまい、一年の半分が終わったなぁと暦の上では実感しますが、いまいち時の流れに疎いのか。つまりは一般ではないAOやら推薦やらはもう数ヶ月のうちに決まっちゃうとな。ありえねーって!

最近さ、結構やばいのよね。皆勤してるからなのか、遅刻しちゃう夢を見てうなされたり、進路が決まらなかったらどうしようとか悩んで胃が痛くなったりとか。受験生ってこんなもんなのかなぁと思いつつ、高校受験を通っていないツケがまわってきたのかなぁとひしひしと実感。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050616」です。


(05/06/15)漫画日和

「彼氏彼女の事情」を読み漁って、「Drコトー」を読み続けました。とりあえずこれ以上進まないので、また今度にしますわー。グロ画像は勘弁してぇー。

さて、そういった具合で漫画をずーっと読んでいましたとも。たまには漫画をちかっぱ読みたくなる日もありますって。というより、有線放送で見てたアニメに感化されたから読み出したってだけかもしんないけど。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050615」です。


(05/06/14)「雲の向こう、約束の場所」見てみた

友人宅へ。早めに起きて風呂入ったんだけど、行く気になれず家でボーっとしてました。んで、電話したら「寝てたんだろ」って誤解されてるし。昨日のこともあるからだろうけど。弁解も面倒だし、思わせてりゃいいやってことでそのまま放置。流石に山奥の山の上にある家までチャリ漕ぐのはありえない。けど、しばらくは行かなくて済みそうになるのかな。MAD動画の素材も完成したみたいだし。

とりあえず、データを貰いつつ嬉しく頂きました…が。友人の外付けHDを机から落としてしまいました。ごめんちゃい…。前にクラッシュ経験ある友人だし、本当に申し訳ない。幸いにも消えなかったからよかったものの…。消えてたらどうすりゃよかったんだか。

一応言っとくけど、HDってのは衝撃に弱い。だからこそいつしか寿命を迎えて壊れるんだよね。んで、PC関係のものは意外と脆いもんだからねぇ。二三日経って「データが消えた。HD本体弁償しろ」って言われても無理な話。それがHDの寿命であって、いつか消えるもんだし。それくらいに割り切っておかないと、HDを使うなってこと。「HD消えるぽ隊」ってのがあった気がするけど…。まだあるんだろうかね。

まぁ、それが原因の一因かつ発端である可能性も否めないけれども、かといってそれが絶対的な要因であるとも肯定できない。そんなもの。不確定な要素が大きくて、絶対と言い切ることなんてできないと思うよ。片方は聞く耳持たずに言いそうだね。

つー訳で、これからは回りに気を配って、細心の注意を持って扱いたいと思います、HDを。あー、明日から学校面倒だな…。引き篭もりたい。引き篭もり隊?(笑

忘れていたけど、夜に「雲の向こう、約束の場所」を見ました。友人らのと会合と被っているから、そのあたりから察して下さいな。感想を述べましょうかね。誰が見るのか謎いけど。

「ほしのこえ」もまだ見てないけど、NHKのトップランナー(以下、TR)で新海誠氏の特集があったので、良い機会なんで見てみることに。「ほしのこえ」はあれなんで、しばらく見る予定はないかなぁ。とりあえず、公開以前より目をつけていた作品なんで。そのあたりが思いいれの違いでしょうかね。

とりあえず、やばいくらいに映像が綺麗です。ほしこえよりもさらに進化した感じ。TRで今回はチームで作っているらしいとか言っていたので、やっぱりそのあたりの効果もあるのでしょうか。空が綺麗ですよねー、雲の映像は。たまに「本当にCGか?」って思うような箇所もありましたねぇ。地平線の奥まで広がる空や雲が美しいー。

内容的にちょっと難しかったのかなぁ。隣で見ていた母者はちょっとチンプンカンプンってた感じもします。一応、自分的に理解したつもりなんですが…。終わり方がやっぱりあれですねぇ。読者というか、視聴者任せというか。世界はどうなったのかとかを語っていない所が…。くぅー、創造するのは楽しいけど、最近はそういった作品が多くて疲れていたり。やっぱり提供される、作成者としての答えを望む人なんですよね。与えられた情報好きな感じ。

人物もしっかりしていたので、ほしこえより良いかなぁ。ほしこえの人物はちょっと絵が…。各所にちゃっちさを感じましたが、話題をさらっただけあって「雲の向こう、約束の場所」は素晴らしい感じ。ちゃっちさってのは、音声に比べて動く動画が少ない箇所があったりするとこ。次回作にも期待したいですねー。ちょっともう1時半を回ってますので、時間あるときにまた書きますー。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050614」です。


(05/06/13)大学合同説明会

とりあえず大学の合同説明会っぽいのがあったんで、それに参加。各所を回りながら説明をうけるわけですね。あと資料貰ったり。

いきなり、朝から起きだして風呂。それからまったりとパソコンを楽しみ、待ち合わせが近くなってきました。んで、うちで待ち合わせというか集合になっていたんで、そのまま布団に倒れこんで…。うとうとしてたみたいです。友人が来たのも気付かず、一度帰っちゃったらしい。まぁ、制服じゃなくて私服で来たとかいう馬鹿っぷりだからまぁ藁。会ったとき切れてたけど、気にしない。てかマジウゼェ。

そうして、集合して目的地へ。到着後、まったりと過ごします。予定通りだったんですが、開始が30分程見当外れだったんで、多少待つことになりましたとさ。うーん、ありえないね。

んで、それから30分後から訪問開始ー。とりあえず場所もわからず進んでいると、人が馬鹿みたいに集まっている箇所発見。大学名を見ると、あら行きたかった所じゃん。というわけで、椅子を連ねて説明に聞き入る…つもりでしたが。遠すぎて聞こえねぇ…。たった四列くらいで、その四列目くらいに座ってたけどさ、周りの騒音とまではいかない慌しさのなかで説明の人の声はかき消され。正直ありえない。無駄に時間を過ごしちゃったじぇ!

気を取り直して次。壁に沿って歩き、入り口の反対にあった資料に目を通してカバンへ。それを繰り返し、端を回ってくると目標だった大学発見。しかし、椅子が埋まっている。さっきの教訓もあるし、とりあえず近場に立ってそこが空くのを待つことに…。

…空かない。空いたと思ったら、すぐに次が座っちゃったよ。こういうとき積極性があればなぁと思う次第ですね。消極的な毒男だし。というか引っ込み思案すぎ。むしろ人見知りというべきなのか。もしくはキモイ。NEETとまではいかなくても(学生だし)、ありえないねこれは。立っている隣にいた係員みたいな人に話しかけられ、ようやく説明を受けることに成功。相手から会話を待つようなことをしたんでここでも時間を無駄にしちゃったじぇ!

説明自体は正直つまらなかった。大きな大学ってこともあってか、人を流すことが優先なのか詳しい話はできず。これが実際なのかなぁと思った。人に時間をかけない感じ。はっきり進路を決めていない自分もあれだけど、会話をさっさと終わらせようとする雰囲気がびしびし感じ取れたし。所詮、馬鹿学校の内気学生はいらないってか?まぁ、現実そんなもんっしょけど。

時間もあることだし、次。友人らと遊ぶ約束をしていた気もするけど、あとでわかりましたが見捨てられてた模様。んまぁ、つまらんからいっか…。ゲーセン行っても、やることタイピングゲーだけになるし…。あまりゲーセンで金を使わないタイプぽ。

次に名も知らない工業系大学へ。正直期待してなかった。ただ、時間もあるし折角来たからいくつか見て回ろうと思ったから。上の大学二つで味を占めたってのもあるかもしれないね。んで、ここの大学が面白かった。大学というか、係の人が面白かったってのが正しいのかな。興味深いような雑学や、学校の話。んで、なぜか占いで性格の話になったりと。あまり大きくない大学っぽいけど、講義の先生とかは面白い感じ。ずっと話していたい気もしたけど、相手方も仕事だし。他の学生とも話したりしないといけない。一人に時間を費やすわけにもいかないでしょうし。とりあえず名刺を頂いておきました。使うことないと思うけど…。オープンキャンパス行くのも遠いしなぁ…。

んで、次。その調子のまま行こうと県外の工業系大学へ。ちょうど空いていたし、なぜか年配の係の人が暇そうにしていたので。あまり面白い話ではなかった。けど、500円の図書カードを貰えたのでホクホク。往復の電車代を換算してもちょっと黒字かな程度の利益。

いやぁ、大きな大学じゃない所だからこそなんかなぁ。後者二つの大学はそういった意味で、じっくり話をすることができたのでよかったと思う。やっぱり、有名でレベルが高いのも重要だけど、人数とか学習する内容も大切だと思った。

んで、それにて終了。友人らに電話をして数時間前に帰ったことがわかるのはここ。ちなみに、今はもう5時半でしたとさ。帰ったのは3時とかだったとか。ソロプレイで一人帰ることに。んで道中、文房具店があったので入店。なくなっていたシャー芯とシャーペンを購入。500円くらいした。最近ペンが高くなってる気がする…。昔なら100円で買えた気がするのに、なぜか最近は200円とか300円の高いペンが多い。なじぇ?

あとは電車に揺られて、自転車漕いで帰宅っと。疲れて足が棒になってしまったけど、有意義だったと思う。

あばずれたというか、ヤンキーでなく真面目系なおにゃのこがいっぱいでホクホクでしたよー。やっぱり、こういった場所だからこそかな。DQN女子高生怖ひ…。いや、中にはいたけどさ。雰囲気的にすれ違いざまに暴言とかないし。やっぱりいいねぇ。んで、中には脂肪(肉)の塊っぽいのもいたけど、スレンダーや眼鏡美人がいたのがよかった。細身だったし!

その文房具店までの道のり、かわぇぇ女子高生(中学生?)のあとをついていったのよ。「ついていった」てとストーカーみたいな響きがするけど、地下鉄までの道のりが一緒だっただけだよ。誤解なきよう。んで、その二人のおにゃのこがかわええのなんのって…。足首とかキューっと引き締まってて、細いの。もう後姿で顔はあまり見えなかったけど、だからこそよかったのかな。うん、そうに違いない。

んで、文房具店ってのはチェックポイントだと思う。過去に地元で買いに行ったときみたいに、小学生から中学生、はたまた高校生にOLまで、幅広い層をカバーするポイントだね。今日はここで、中学生と遭遇。あの水色の制服だけで萌える(*´д`*)

ここまで書いて思ったけど、最後の方あまりに語りすぎてキモイ。見るとこは見てるんだなってか、自分でも引いてきた…orz

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050613」です。


(05/06/12)文化祭ってヤツ

文化祭ってのはかなり面倒。しかも、不幸が重なるし…。まず、携帯落とした!それが一番のショックかつ悲しい出来事だった気がする。

面倒ながら、交通係なるものになってしまい、見事にありえない方向に。そこで、時間の確認をするためにポケットから携帯を取り出すと…。アスファルトに吸い込まれていくマイ携帯。嗚呼、超ショック…。ヒンジの部分に見事な凹みが…。生々しくて泣ける…。買い替え(予定)までいくらあと2ヶ月程度といっても、嫌すぎます。物持ちがいいのが誇りだったんだけどなぁ…。

印象薄くて、小学校の同級生に名前を覚えられていませんでした。交通の時に顔だけ覚えてるっぽい話されたけどね。結構これもショック!ありえないねぇ…。

んで、予め部活や係で忙しいと伏線を張っておいたおかげで、クラスの係にはあまり出ないで済んだのが嬉しかった。他のクラスのベランダに居座って小説読んだりしてました。うん、これこそ最高の至福ってやつですね。

そんなこんなで一日を過ごしました。ありえないほどに体が疲れてる…。けど、明日も明後日も予定あるし…。三週間休みなしで学校に行ったうえに、また休みなしっすかorz

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050612」です。


(05/06/11)やりたくても出来ない行動

川辺に寝転んで、二日くらい何もしないまま空を眺めていたい。流れる雲や染まり変わる空を見続ける…。ただ何も食べずに。ただそこにいるだけで…。自然の雄大さを知り、人の脆きことを知る。そんなことをやってみたい。けど、途中で国家権力に邪魔されそうだなぁ…。

素直さを演じるのは難しい。時には感情の起伏が激しくなることもあるし、それを爆発させることも多々ある。けれども、それが一番の近道だと今でも確信している。

あるある探検隊風に読んで下さい。「なくしたリモコン見つからない」

扇風機のリモコンが逃げてから久しいです。いつになったら見つかるやら…。扇風機シーズンオフになっても、見つからないような気がするのは…。ぉぅ、勘弁してーorz

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050611」です。


(05/06/10)「アイロボット(I Robot)」見てロボット論

親が映画を見ていたので、隣で寝転んで「アイロボット(I Robot)」を見てました。私は公開当時にわざわざ映画館に見に行ったのですが、流石に思い出せないのでもう一度。実際、見せるだけで見るつもりは毛頭なかったんですが、隣で見られていると気になって、結局最後まで見てしまいました。

書きながら思い出しましたが、確か見に行った時の日記があったはずと思い立ち、調べてみる。しかし、奴隷部の日記は過去からリニューアル時までしばらく更新が停止していましたので、あるはずもなく。映画の公開が2004年9月あたりなんで、そのあたりの日記がないのにいつ書いたのかと。んで、すぐにもう一つのサイトの日記を調べてみる。…ありました。その日記には確かに見に行ったということだけが書いてありました。

その時の感想は、映画「アンドリュー」に似ているというもの。確かに、ロボットという面から見ればそうですが、この二つの作品はアプローチが全然違うでしょう。アンドリューは人間になりたいと思い、叶えましたがアイロボットのサミーはそんなこと思いませんでしたし。ただし、ロボット三原則などを用いている箇所は類似していますね。

やはり、人間はロボットを作りたいと思う節があるようですが、果たしてそれが本当に良いことなのか。確かに人間の生活は楽になり、進歩するでしょうが…。職を奪われ、生活が苦しくなることも予想されます。ロボットを買い、働きに行かせるよりも企業が導入する方が安上がりな気もしますが…。というわけで、ロボットの出現は人類を堕落させますね。車の搭乗で歩かなくなったみたいに。

とは言っても、私はメイドロボを完成させたいと思う所存。完成というか、生きているうちにお目にかかりたいといったもの。もちろん、ホンダのアシモ君みたいなんじゃなくて、本物のメイドしゃん。アニメみたいな、漫画みたいな。夜のお供とかね。

というわけで死ねないねぇ、楽しみすぎて!ちょびっツとも似ているけど、ある意味違う。ロボットじゃなくても、アンドロイドでも人型パソコンでもいいや…!

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050610」です。


(05/06/09)「独裁者(The Great Dictator)」見たー

思い立ったので、借りてきた「独裁者(The Great Dictator)」を見ました。長い…。かのチャップリンが一人二役でヒトラーの独裁政治を激烈に批判した作品であり、勿論白黒です。基本的というか、偏見交じりに昔の映画は短いと思い込んでいたため、二時間は堪えました…。えらく疲れましたって。とにかく、ありえないくらいに。

感想を述べておくと、やっぱりチャップリンは凄いですね。どう凄いかというと、あのコミカルさ?監督が指揮しているのかもしれませんが、ああいったキャラクターを演じることができるのはチャップリンだからでしょう。それが持ち味でもあると思いますし。

昔チャップリンの作品を見たような記憶がありますが、いまいち覚えていません。何だったんだっけかなぁ…それか、もしかしたら見ていないかも。ステッキとあの帽子とスーツとを着こなした独特の面持ちからでしょうか。印象?

また機会があれば映画を見てみたりしたいもんですね。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050609」です。


(05/06/08)自由意志と強制

人に強制させるのは難しい。だって、意思があるからねぇ。それが自由であることであると供に、難しい所。人それぞれの考えがなければもっとまとまるのにねぇ。けど、そう言っても意思がなくなるわけでもないし。どうしようもない問題だねぇ。

放課後残らないとやばい状態で帰っていく奴を止めることはしない。そこには考えがあるからだ。強制はできない。拘束すれば、それだけの対価を払う必要があるから。大人一人を拘束すれば、それなりの代価としての金額が成立する。それが時給というもの。

しかし、本当にこれで間に合うのか心配っぽねぇー…。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050608」です。


(05/06/07)相性の法則

「犬猿の仲」という言葉の示す通り、人間には相性というものが存在しています。そして、思いついたのがこの法則。「嫌いな相手は、相手も自分のことが嫌いである」というもの。つまりは、互いにいがみ合っているということ。A君がB君のことを大層嫌っている。しかし、B君もまたA君のことを嫌っている。こういうことです。

ただし、当然この法則にも当てはまらない場合があります。それが、「嫌よ嫌よも好きのうち」というもの。ちょっと意味合いは違うかもしれませんが、A君はB君のことが嫌いでも、B君はA君のことが嫌いではないということ。この場合があるので、上記の法則は成り立ちません。そこで、言葉を変えておきます。

「嫌いな相手がいる場合、その相手から嫌われている可能性は高い」

という結論。言葉が足りないのがもどかしいのですが、んまぁまとまってきたら…というか、表現できるようになればまた書き連ねますんでー。そこで気になるのがその逆はどうなのか。つまり、「好きな相手〜」というわけです。これを証明するのはちと厳しい。

なんせ、愚痴などで嫌いな者について聞いたり、聞かせたりする機会は多いはずですが、褒め称えることなどそうそうあり得ない。あいつが好きで云々の話をそうそうする機会なんてないので、上記の証明はできないのです。ただ、ありえる話ではありますね。両思いというものがあるのですから。ただ、片思いという上記二つの説明に当てはまらない場合はやはりすれ違いかと。そうとしか言いようがないですな。

というわけで、本題に入りましょうかね。ここからは社会についての矛盾やら愚痴やら。

世の中努力が大切だとよく言います。まぁ少なくとも学校内においてはそう耳にする機会が多いものです。学生であれば一度は耳にしたことがあるでしょうし、過去に学生であったならばきっと耳にしたことがあるでしょう。しかし、その努力が報われない社会というのもどうでしょう。

資本主義の世の中において、努力とは過程であり、過程は問題視されないのです。数学であれば部分点とやらがありますが、生活においては結果が全てです。努力をしなくても、結果を出せばそれで評価されますし、努力をしていても結果が伴わなければ評価は低いものとなりがちです。それは、行き過ぎた資本主義から来るものでしょうか。

会社において、必要なものは結果…つまり儲けであり、儲けを作り出さない社員は意味を成さない。つまり、いらないと。努力は問題ではなく、売れる計画書を提出し、成功させるだけの能力が問われる。勿論、そのことは大切であります。儲けあっての会社ですから。

しかし、それを重視しすぎるあまりに失敗を許さないものとする意識があるのではないでしょうか。絶対の結果を生み出し、成功することを目標とする。テストは点が高いほどいいものです。しかし、バランスが重要なのです。点数が悪くても、努力をしていたとみなされれば点数には及ばないものの、評価はされます。しかし、努力さえしていれば評価が成される社会に成り下がればそれはそれで問題です。結果と努力のバランス。このポイントが大切なのです、何度も繰り返していますが。

学校で点数を取ることイコール結果を出すことを重視するのはどうかと思います。それは、努力する能力を失い、結果だけを出す機械となりうるからです。結果が欲しければ機械を使えばいい。そうでなければ余程の人材を使えばいい。そういった社会にはなって欲しくない。努力をし、少しずつ成功していくそういったものがいいもだとは思えますが、それをどう捉えるかは人それぞれです。

しかし、なるべくならば努力という過程と、結果という評価が正しいバランスであるように願います。前にもこういった内容のことを書いた気がしますが、まぁご愛嬌で。そして、言いたかったことは…

「馬鹿だけど頑張ってる。推薦が欲しい!」

というものでした。いやぁ、長くなっちゃいましたが、これにて終了。これは、文化祭準備をまともにしない方々への愚痴ですな。これであいつらが推薦貰えて、毎日19時近くまで残っている自分が貰えなかったら社会の成り立ちはありえないね。

もしかして、努力しないで結果を出すことを天才とか才能と言わずに、世渡り上手って言うのかねぇ。そう考え始めた今日この頃。んでもって、世の中は「自発的に行い行なわない者に憤る者」と、「行なわないで行なう者に任せ結果を得る者」とに分類されるのでしょうかね。そんなのは嫌だ。もっと真っ当な社会に行きたいネ☆

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050607」です。


(05/06/06)行き当たりばったりの文化祭

西暦こそ違いますが、数字が並んでいるのは気分がいいもんですねぇ。来年の今頃はキリ番に喜んでいるんでしょうか。それとも…。

何気に早く帰れると思っていたのに、出先を挫かれた感満天ですよ。そういったわけで、文化祭まで早数日。企画は適当であり、時間ももうそこまで残されていない。んまぁ、どうでもいいんだけどねー。

自分だけやる気があってもしょうがない。集団生活ってそんなもんだし、社会ってのもそんなもんでしょう。所謂空回りってやつで。一人ハッスルしても意味が無いし、かといって他人を動かすことは難しいし。

そういったわけで、ここ数日…いや、半月近く更新停止していましたが、決して忘れていたわけではありませぬ。機会がなかったというか、日記が溜まっていくと書く気が失せていくみたいな。ありえないー。

とりあえずこつこつ書いていかないと忘れると思いました。

風呂が着火しなくて焚けないので、電池を入れ替えてみました。うほっ、着火が早い!種火にするのもこれで安心ー。しかし、ガスが漏れている気がするのは…。やばいかねぇ。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050606」です。


(05/06/05)休日出勤?

休日なのに進研模試なんかやってきましたよ。全国的に考えて早かったらしいので、問題がある程度わかります。もちろん、問題は回収されましたが記憶ってのは意外と役に立たないことも覚えているものです。

国語の問題がそれっぽいので、話しておきますか。大問1の小論文が建築の話。出典は「かわいそうな都市」だったっけかな。名前は覚えていませんが、「かわいそう」と「都市」ってのが書いてあった気がします。内容は建築のことを述べて、その後現在のことになったり。携帯の話なんかも出てきました。

大問2は小説ですね。話としては、病気で死を宣告された主人に代わり店を切り盛りする奥さん。もちろん、死を知らないはずの主人ですが、実は知っているのではないかと内心冷や冷やします。といった話。大まかですし、あまり覚えていないのでご了承を。

大問3・4は漢文古文ですが覚えていないので省略。もちろん、わからないまま答えたってのもありますが。んで、大問5は現代文かな。4と5は選択ですし。このあたりはご自由にどうぞ。

あと印象に残っているのは英語かなぁ。英語は長文にゴミ問題のことが書いてありました。ガラスのリサイクル率や紙のリサイクル率など。グラフも書いてありました。あとは男と女が文化祭か何かの話をしている対話文。王様と王妃の服装をどうするかについて話し合って、あとは椅子と机の設置方法についてでしたっけね。

うーん、覚えているのはそんなとこ。書けば書けますが、長くなりそうなんで省略しときますわ。割愛ってやつ。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050605」です。


(05/06/04)面倒ぢゃのぉ

放課後進研模試。土曜に学校行ってるとこって少なくなってるんでしょうかねぇ。公立は休みっぽいですし。7時限授業になっても、土曜学校ならありえねー!

とりあえず適当に答えて終了。ああ、推薦にかかってくるのに真面目にしてないや…。んまぁ、いっか…。よくないorz

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050604」です。


(05/06/03)忘れられない思い出として

現実であるのならとりあえず、せめて思い出として記憶に留めておくことにしました。幸いにも赤点はなかったのです。ブラボー!ただし、英語Wと英語Rが最悪orz

あとは化学もやばかった。物理もやばかったけど、教科担当の先生のお慈悲のお陰で助かっています。これでなんとかなればなぁー。やっぱり思うに、自分は文系でないんでしょうかね。数学3と数学Cもやばかったし。基本的に文系科目のが点数がいいぽぃ。現国は文理併せてクラス1だったし。んまぁ、どうでもいいけどね。

いい加減にそういった夢のまた夢の理系に進むより、文系に進んだ方が成績的にはよくなるんではないかと小一時間悩みたい。問い詰める相手もいないし、そもそも誰に問い詰めるんだ。

といいつつ、夢は諦めきれない。あ〜なた〜の夢を〜、諦めな〜いで♪みたいな?

また一ヵ月後に期末考査があるので、今回は死ぬ気で猛勉強でもしますかね。今まで以上に。評定に関わってきますし、何よりそれが一番大きい。評定を下げるわけにはいかないっ!(必死

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050603」です。


(05/06/02)忘れられない現実があった

「あった」、過去形です。もう過去のものにしてしまっていますよ。散々な結果を目の当たりにし、もう身体共にぼろぼろです。適当に扱われたボロ布のようになっちゃってます。あまりそうは見られないのがちとショックではありますが。ちなみに、見かけはシルクのつもりですが(馬鹿

あー、あと一教科程度。もう見たくないけど、最後が現国なんで少しは救いようがあるかなぁーって程度。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050602」です。


(05/06/01)忘れ去りたいこともある

昨日の今日で、既に忘れ去りたいものがやって来ました。早いものは今日から返却が始まるわけですが、いやぁ、見たくない…。自意識過剰ってか、自画自賛な所もあるけど。テストをやれば、たいてい(書いてない所はないのでほぼ)満点であると過信していますし。実際はそこまで行かないので、虚無の自信ですし。いやぁ、ありえない。

つーわけで、今回も散々な点数が返ってきています…。お馬鹿でごめんちゃい。

この記事へのリンクは「http://drave.info/dlog/diary0506.html#050601」です。


Copyright(C)2003-2008 Yumeoibito. All rights reserved.