HomePage>Review>Game>マビノ×スタイル

マビノ×スタイル

ネタバレ注意。

ゲーム紹介

ゲーム名マビノ×スタイル
ゲーム会社KID
プラットフォームPlayStation2

巨大産業文明が崩壊してから300年。
天空を覆う巨大な白い月と、
茫漠たる雲海に囲まれた大地の上にその学院はある。

マビノキ魔法学院。

『妖精事件の夜』として知られる大カタストロフの後、
此の地に現れ人々を救った、
我らこと《トリスメギストスの魔術師》…
後年、我らが《魔法》という、
まったく新しい知識を広めるために設立した学院である。

今や人々は、自らが手にした
《第五番目の力》魔力に基づき、
まったく新しい生きかたを始めようとしていた……

発売前レビュー

(06/01/11)はじめに

マビノ×スタイル(以後、マビノ)を知ったのはもちろんKIDウェブサイト。電撃G'sマガジンは購入停止して久しいし、情報源といえばもっぱらインターネットへと移行している現状。当初はあまり興味を示すこともなかった。

理由としていくつか挙げられるが、一番の理由は私自身が「ファンタジー系」を避けていることにある。一応の自称「リアリスト」として、現実を見据えている(ギャルゲやってるって突っ込みはなしで)つもりなんで、魔法には興味を示さないってのが本心。

しかし、そうもいかなくなったのが以下の二つの事柄からだ。

一つは、マビノ応援バナーキャンペーン。以前よりサイトをいくつか運営していた(過去形ではなく、まだあります)私は、あるサイトの方向性について考えていた。このサイトがあるのも、応援キャンペーンのおかげでもある。きっかけを足がかりにして鯖を借りて再度運営し直した。そういった意味で興味を惹かれずにはいられない。

もう一つは、魔法などのファンタジーへの興味だ。先日、友人(睡蓮氏)から借りた「ぷちモン」1〜4巻だが、読んでみると意外と面白い。今まであまり読まなかったファンタジーだが、気にすることなく読むことが出来た。そういった意味でファンタジー系への毛嫌いは薄れたんですな。

そういった理由から、今回の流れには期待している。もちろん、KIDゲーだからってのもあるけど、それでもやっぱり作品的なもので楽しみだ。ここ(レビューページ)で書くことはストーリーの概要だけと決めていたんで、キャラの設定などを書くことはしない(著作権に引っかかりそうってのもあるけど)。ただ、考えたいのはやはり設定に偏りが出てくること。

主人公が魔法の素質があるが、しかしその素質を発揮できていない点など、似ている面はいくらでも探し当てることができる。それが今現在この業界の引き摺っている作品の飽和状態ではないだろうか。内容のオリジナリティーが希薄化し、突飛した作品が少なくなりつつある。ピーク時の活気は今はもう感じられない。

それでも隠れた良作というものはいくらでも存在しているのもまた事実。突飛しなくても、良作であることに期待したい。

(06/02/20)宣伝・広告

こいった意味で、作品の評判を上げる「広告」は重要な意味を占めてくる。発売前に人々の関心を集めることで売り上げが大きく違ってくる。ただし、今回はファンタジー系ということもあって顧客の獲得は難しく思える。理由は、以前に書いた通り、その系列そのものに嫌悪感を示す人も多いからだ。

広告として雑誌への掲載、公式サイトの運営といった各種情報を駆使することはもちろんだが、今回その一つに無料配布のディスクがある。無料であれば誰でも欲しいとは思うものだが、逆に配布場所の問題も出てくる。地方などの配布所のない場所ではそういったものを受け取る機会がそうそうない。これらのゲームをする人というのは、何事も深く追求したいものだ。無料配布があれば、もちろん所持したいと願う。

今回は公式サイトでの通信販売を利用した人にそのディスクをおまけとしてつけるという試みもあり、好感が持てる。会社の柔軟な対応というのも顧客を惹きつける魅力の一つになりうる。

ただ、そういった取得の問題を取り上げる前に、よく考えてみると…。そのディスクの内容と言うのは随時配信されている。ストーミングとしてではなく、Flashとして公式サイトで公開されているのを見ると配布の意味が薄れているような気もする。公開以前に聞くことができるという魅力もあるのだろうが、あまり興味を持つことは出来ない。配布する意味が薄れるからだ。

どうでもいいことだが、今回の公開は何故かストーミング方式ではなくFlashによる公開だったのは疑問が残る。何故…。

(06/02/26)プレリュードディスク

さてさて、今更になりますがプレリュードディスクについて語ります。語りますとも。

プレリュードディスク外観

こんな感じでした。二枚あるのは、二回貰ったからです。一回で二枚貰ったんじゃないですよ。向かって左の無包装なのがゲーマーズ配布のやつ。向かって右の包装してあるのがアニメイトのやつです。ゲーマーズはこのままでしたが、アニメイトは丁寧に包装してくれました。無料だってのに、丁寧で好感持てますね!ゲーマーズについてはあえて言及しまい。

どちらも未開封を突き通すつもりなんでわかりませんが、ドラマが全四話入っているらしいですね。その他の情報はわかりませんが…。

(06/02/28)ゲームの価値と値段設定

ついに公式に販売価格が掲載されました。以前よりされてたような気もしますが、あえて今回これに触れていきます。値段に関してはタブーな気もしますが…。

限定版:10,290円(税抜9,800円)通常版:7,140円(税抜6,800円)

通常版は一般的な6,800円ですね。税込み表示になったんで7,140円になっていますからちょっと高いような錯覚がありますが、実際はそれほどでもない。突き詰めていけば、もともとは4,800円か5,800円が標準だったような気もしますが、なぜかいつの間にか6,800円になっていますね。不思議ー。

限定版は9,800円。これも同様に税別表示だとそれまでのちょっと高めの限定版とそんなに変わらないかなぁと思います。ですが、税込みで一万円オーバーというのはちょっと苦しいですね。日々ゲームの値段が高くなっていくような気もしますが、事実そうでしょう。

さて、値段に見合ったものなのかについてに移行したいと思います。限定版と通常版の税抜き差額は2,000円です。限定版に含まれる特典は三つ、「SPECIAL DVD」「SPECIAL COMIC」「設定資料集」です。

まずはSpecialDVDですが、ハイクオリティーver.とは高画質版だとしても、いきなりエンディングを見てはしょうがないですよね。そういった意味で、これを開くのは攻略後になりそうです。インタビューもそれからの方が楽しめるでしょうし。私は興味を持てませんが、より一層楽しみたい方は嬉しいことでしょう。

二つ目にComicがあります。読みきり漫画ということで、ガンガンWING誌に掲載されている作家のひいろ莎々さんのイラストということですね。これはガンガン誌を愛読していないので、いまいちよくわかりません。さらに美術設定担当のゆうろさんの読みきり漫画とのこと。サイトを見る限り結構いい感じ。個人的にはうさぎのぬいぐるみCGが結構好きかも。そのほかのものも特に拒絶感もなし。かといって、漫画についてはよくわかりません。

最後に設定資料集。設定資料集というわりに、公式の説明だとなぜかイラストに関することばかり説明されています。前回購入したMonochromeにも初回限定版に「BGM集」と「アンソロジーイラスト集」がありましたが、今回はあくまで設定資料集なんでしょうかね。あとから別売りで設定資料集とか出なければ結構嬉しいもんですけど。ビジュアルアンソロジーは出そうかな…。どっちにしても、個人的にはこれが一番楽しみかも。

一万円を超えて割高感もありますが、購入時に通常版も売り出されるようですし問題なく両者を選択できます。ゲームのみを楽しみたいのであれば通常版で問題ないでしょうし、どうしてもって場合は限定版でいいんでないでしょうか。今回のは「初回」限定版ではなくあくまで「限定版」なのがちょっと嬉しい…表記の違いですけどね。

私は涙を惜しんでまで限定版を購入したいと思います。Monochromeのように限定版を探し回るのはもう勘弁願いたいんで…。近日中にでも通販で注文しておきますかー。

注:あとから調べてみましたが、Monochromeは公式ではちゃんと「限定版」で表記されていますね。ゲーム側の背面に「初回限定版」と書いてあったから勘違いでもしたのでしょうかね。

(06/03/18)勘違い

予約したのはいいんすが…。先日の更新時に追加されたPVを見てました…。そして発覚。小生は、多大なる間違いを犯している。わたしゃマビノは思いっきりアドベンチャーだと思っていました。だがしかーし、どうやらロールプレイングとかいった要素があるらしい。確かに紹介には「マジカルロールプレイアドベンチャー」って書いてあった。今更だけど気付いた。

ただただ選択をこなしながら読み進めていくのかと思っていたのに、あんな面倒そうなことをしないといけないなんて…。嗚呼、悲しい…。そして、時は既に動いている。初回版、予約しちゃったしなぁ…。んまぁ、保存すれば満足できるでしょうし…。いつかプレイするでしょう、多分。そういったわけで、今回は萎えました。

(06/05/01)手元に届いてみて

先日(4月29日に)届いたのですが、未だに開封する気配がないのです。というか、時間もないし。積みゲー決定でしょうか…?せめて、スタッフロールに名前があることを見届けたい気がしますが…。とりあえず、そんなとこ。

プレイ日記

(06/12/22)貼り付け

積みゲー入りしました。応援バナーを貼り付けておきます。ペタペタ。

KID『マビノ×スタイル』応援中!

(06/01/27)修正

見辛いというか見難いので発売前レビューを小分けしました。


Copyright(C)KID Corp. All rights reserved.

Copyright(C)2003-2008 Yumeoibito. All rights reserved.