HomePage>Review>Game>もしも明日が晴れならば

もしも明日が晴れならば

ネタバレ注意。

ゲーム紹介

ゲーム名もしも明日が晴れならば
ゲーム会社Palette
プラットフォームWindows 98/Me/2000/XP

主人公、鳩羽一樹にとって、
野乃崎明穂はかけがえのない人だった。
ずっと、家族同然に暮らしていた居候の女の子。
夏のはじめに告白をして、一樹の恋人にもなってくれた女の子。
これからずっと、
幸せな思い出を築き上げていく予定だったのだ。

だが、そんな彼女は病に倒れ、
あっけなくこの世を去ってしまう。
その出来事はあまりに突然で、
いなくなった少女は
あまりに大きな場所を占めていて…
残された者達は、泣くことさえも忘れて、
ただ途方に暮れるばかりである。

それから数ヶ月の時間が流れ、
彼らがようやく立ち直りかけた季節…
明穂は何の前触れもなく、この世に舞い戻ってくる。
「思い残すことがあったから」
そんな言葉と共に微笑む、ひとりのゆうれいとして。

プレイ前レビュー

思い返せば、発売日まで応援バナーを貼り気合を入れてプレイしようとしたものでした。インストールもしてあったりして、フォルダの作成日時から察するに3月3日には準備ができていたようです。しかし、それからどれだけ時間が流れましたでしょうか。すでに9月になろうとしていますよ。

時の流れは早いものですが、せっかくの機会なのでいっちょやってみようと思います!

んで、調べてみましたが何気に攻略キャラが少ないので嬉しい限りです。早く終われそう…?

(06/08/31)プレイ前の感想

プレイ日記

(06/08/31-22:00)インストール

とりあえず、インストールフォルダを見てみましたがデータしか残っていませんでした。スターとメニューやプログラムの追加と削除も目を通しましたが、なかったので削除してしまったようですねぇ。しょうがないのでもう一度インストールして、準備します。んでぁ攻略見ながらぱぱっと終わらせましょうかねぇ。

って、攻略サイト見る限り4人ですねぇ…どの順番で行くべきかっ。

と思ったら、睡蓮氏と会合っぽくチャットすることになったのでまた後日ー。

(06/09/01-01:59)早速プレイっ

というわけで、チャットも終わり風呂も入ったので早速いってみましょう。どのキャラから攻略するか迷いましたが、珠美ルートに決定ですがある程度は進めながら決めましょう。では、起動ーっ

うおっ、辛いなこれ…。主の面影が残っている部屋とかきちゃうよね…もう泣いちゃったよ。潤む程度だけど、1回目か…。つばさ健気になっちゃって…ゲームなんだし、一緒に居てやれよと言い放ちたい。

うー、後姿の立ち絵があるのは何か新鮮だねぇ。ちょっといい感じ。何事も後姿ってのはたまらんもんですよね、歩道とか歩いているのを見かけて追い越して振り向くとってこともよくあるし。うーん、にしても珠ちゃんは骨が折れそうだね…。

ちょい先生かわいいかも…。

んで、幽霊なのかはわかりませぬが正体を見つけちゃったわけですが、それからのつばさの扱いが不遇だよ…。にしても、やっぱりこういうのってタイミングが悪くなるんだねぇ。怪しいことこの上ない。独り言をぶつぶつって…。公園に人がいたかわからないけど、その時もそうだったんじゃ。

うお、そんなに…剣を突きたてられて、それでもなお見えない姉に縋り守ろうとする…また泣いちゃうよ、泣いちゃうよ…?

(06/09/01-04:03)うおおおお!!

見える、触れられるっ。何が何やらわからないけど、こんなに悲しいことあらへんでぇぇぇぇぇ!!!!確かに一樹たちの言うことがもっともだとさっきは思ったけど、珠ちゃんの言う通り未練が止め処なく溢れてくるんやー!もう、また泣いちゃうじゃないの…。

死者とを別つものは一体何なんでしょうかねぇ…そして、どちらかというと今回はつばさもそうだけど明穂も会いたくないとか思ってたんじゃないかなぁと勝手に予測しちゃう。深読みしすぎかねぇ。んまぁ、いいんだけどいいんだけどさ…。

最初の思い返しは「みずいろ」っぽいなぁと思ったんだけど、今度は何章とかあって次回予告とかは「おとぼく」みたいだなぁと思ってしまった。ダメ?次回予告な形式は「サクラ大戦」からあるような手法だけどねぇー。んで、視点が変わるのは「てんたま」みたいな感じとか。うーん、まぁゲームだからいっか。

(06/09/01-04:31)そのままだとダメな気がする

第2章。うーん、千早ちゃんかわぇぇのぉ。しかし、やっぱり明穂が見えるってことで、さらにどっかで情報を得ちゃってるからなぁ…。公式サイトからだったかは忘れたけど、千早ちゃんが貧乏神で、2章の最初に見た内容から察するに…。千早ちゃんは明穂が死んじゃったのは自分のせいだと思っているってことで間違いないような気がするのですよね。うーん、どうなるやら。とりあえず続き続きっと。UCCの缶コーヒー飲んだから眠気が…そもそも昼間に寝すぎたからか。

しっかし千早ちゃんええ娘だのぉ…。さすが500年って感じ?こんな娘がそばに居て献身的に尽くしてくれたらなぁと思う反面、逆に怒りが込み上げてくるかもしれない、現実だと。…やっぱりゲームだし!?そう思っておこう。何事もほどほどにってことかしらね。

…貧乏神じゃなくて疫病神だったか。…呪われてもいいっ!と正直言えないのが悲しい所か。幸せになりたいね。

(06/09/01-05:24)知っちゃった!

ここまでレビューを引っ張っても意味がないような気もしますが、まぁ自己満足の世界でってことで。記録しないと忘れちゃうからなぁ…。んで、一樹もついにそのことを知っちゃった。千早が明穂を呪い殺しちゃったと…。第三者的にこうして見ていると、確かに2章に入ったすぐにそういった描写を見つけられますから…。うーん、心底微妙。

とりあえず、今は千早ルートに入るつもりでもないので冷たくあしらわなければならないのがまた痛いですねぇ。まぁ知ってしまってからの続き進めましょうか。

どえぇぇぇぇぇ、珠ちんええ娘やなぁぁぁぁぁ。巫女なのに関西弁で気が強いって犬猿してたけど、ええ娘やないかぁぁぁぁぁぁぁ。千早ちゃん生きてけるじゃんー!(微妙に違うけど)うもー、しっかしいい人すぎるよみんなぁぁぁぁ。確かに、千早ちゃんを恨んだって肉体が戻るわけじゃないけどー!

ついでに、何か長くないこれ?やっぱりDVD-ROMなのが問題なのかもしれないけど、シナリオ量を増やされても困るんだけどなぁ…。プレイするのが大変だし。レビューも。あと、千早ちゃんは廊下での一件みたいに姿が皆に見えるんだねぇ。不思議。

(06/09/01-05:49)難しいなぁ

第3章。やっぱりつばさは…。そう思うと、直積的ではなく間接的にまた影響してきますなぁ。一樹と明穂をけしかけて、千早が呪っちゃって…堂々巡りで、何か怖いね。人間関係があるだけ、やっぱりゲームといってもねぇ。そういうのが面白いってのもあるけど。

うー、にしても千早ちゃんが面白すぎる。その状態に明穂の反応もどうかと思うけど、何ていうかツボなんだよねぇ。ちょっと順番を変えたくなってきたけど、とりあえず初期構想のままでいきますぞぇ。にしても、一樹鈍感すぎ。主人公が鈍感なのはどれも同じなのかねぇ。

価値とか云々じゃなくて、つばさはつばさでいいんだよ、おっぱい揉ませろ!…そう卑屈にならないでよ、お兄ちゃん悲しいよ…おっぱい揉ませろ!とまぁ、本当にそんなこと気にしなくていいんだよ。うおー、(選択肢の都合で)優しくできないお兄ちゃんを赦してっ!

しかし一樹もそこで「気の効く妹がいて助かるよ」じゃなくて「つばさがいてくれて助かるよ」くらい言えないのかっ!いやぁ、人の事を棚に上げといて実際に言えるかってのはまぁ絶対無理だけどさ。せめてこういうところでくらいフェミニストになってみたいじゃん?じゃん?

何ていうか、つばさも千早ちゃんもこう…「頭ぽんぽん」ってしたくなるね。無性に。というか、していいですか。もう、我慢できないうがー!

(06/09/01-06:38)処理落ち

本当に不遇だよ…。何ていうか何をするにも好転しないというか…さらに一樹鈍感だし、うがー。シチュエーションとかじゃなくてその状態に泣けちゃうよ…。そしてこの状態においても千早ちゃんがかわいく思えちゃう自分にもちょっと反省…。うー、つばさぁ…。

何ていうか、こうして第三者的に傍観してるともどかしいことこの上ないねぇ。もし自分が一樹だったら…とりあえず千早と明穂を家に置いておいて、出て行ったつばさを追いかけるとか。その時、明穂に「そのまま消えたりしたら二人とも後悔する」とか釘を刺すとなおベストかもしれない。でも、そんなこと叶うはずもなくて…。ネガティブな思考だからゲームに逃げたくなって、ゲームをしてもまたもどかしくて…一体何してるだろうねぇ。…百合。

んぁ、何気に7時回っちゃってるよ。時刻は7時10分、あまりに重かったのか…動作が不安定だとは思ったけど、強制終了しちゃいました。やっぱり最近のゲームは重いんだなぁと実感。東鳩2みたいな感じだねぇ。やっぱりゲーム用PCにもメモリを増設しないといけないんだろうか…。まぁそれを抜きにしても、いい加減に眠気がちらほらと…。

とりあえずスキップしてみましたが、これまた遅い。もう少しシステム面を軽くしてもらえないのかと思わずにはいられない。…エフェクト切ればもっと早くなるでしょうかねぇ。

んで戻ってきたけど…正直、「好きだー!」って叫びたいよ…。うー、本当に厳しいもんですなぁ。つばさぁ…。まぁとりあえずは収まったみたいだしいっか?ってことで。うー、お兄ちゃん心が痛いよ…。

(06/09/01-07:30)そろそろかしら

第4章。何やらシリアスなのは終わりかなぁ。どっちにしてもコメディー色が強いけども。んでもまぁ、いってみましょうか。…時間があれだけどもorz

この話もどんどん深くなっていきますなぁ。最初はあまり登場人物に関係しているようで関係していないと思っていましたが、何気に面白い方向に。しかし、頑固にはなりたくないと思うのでありました。反面教師ってかー。意味違うだろうけど。しかし、ほんま長いねこれ…。

うーん、やっぱりチョークが粉々になるのって…実のせいでしょうかね。ってことは、やっぱり悪霊だか怨霊になっちゃう感じでしょうし…。しかし先生も、見やすいように柔らかいチョークを使うとか優しいとこあるじゃん!結局、みんな不器用なんだよねー、きっと。

ちょ、ボーカルが。先生と実が…そして珠美、一樹…。うぅ、ここで本気泣きしちゃったよ…やっぱ悲しいんだよ、誤解しちゃままじゃダメだよ…。「犬夜叉」で誤解したまま焼死した女の子がいたけど、そういうのは哀しいんだよね…。死者と誤解したまま離れるのはダメだってのがよくわかるよ…。「天使の卵」と「天使の梯子」でもそうだったように…。人間いつ死ぬかわからないから、だからこそ日常から誰にでも優しくしておかないと後悔するんだよね。…でも、それでも後悔は止め処なく溢れてくるんだろうけど…。でも前者の後悔の方がよっぽどいいよね!

とまぁ、何だか例え話が増えちゃってる気がするけど…まぁいっか。というわけで、次…お、何か嬉しそうな話だね。

(06/09/01-09:17)…読者サービス?

んで第4.5章。ここまでの長いお話と打って変わって、読者サービスのような感じ。この瞬間、やっとのことで「ああエロゲやってるんだな」と実感持てましたわ。ここまで完膚なきまでに何もなかったですからねぇ…ある意味新鮮ですよ。

んで、つばさのシーンを見て(*゚∀゚)=3となっちゃいますね。妹の自慰シーンを眺めるなんてシチュはたまりませんわ(*´д`*)

次に明穂ですが…寸止め間が否めない。そして珠美ですか。うーん、マニアック…むふふ。しっかし、千早はなしですか。恥らう姿がまたかわええのですが、ちょっとねー。もったいないですよこれはっ!

んでまぁ、そういった具合で次のシーンに行くまでのお休みみたいなもんでしょうか。では次。…ところでそのエロ本はどうなったんでしょうかねぇ。無事元の持ち主に返還されたのはいささか不安ですが。まぁいいでしょ。

(06/09/01-09:45)文化祭だねぇ

さてお次は文化祭。時間軸は10月ですね、第5章です。ここまで来ると眠気がさらに進行してしまいますねぇ。徹夜でエロゲとか休みじゃないとできないでしょうし♪まぁいってみよー。

んむぅ、つばさのためにはならないだろうけど明穂が覚えて台詞を随時言ってあげれば誰も気付かないし上手くいくような気がしないでもないのですが。んまぁ、やっぱり志すなら自らの力で頑張らなければならないということでしょうか。つばさぁ、頑張れ!

うお、厄介事に巻き込まれてる一樹に同情しつつも他人とは思えないんだなぁこれが…。自分でも度々そうなるしなぁ…にしても、まさかこんな展開になるとはねぇ。珠ちゃんも凝り性で、さらには…ねぇ。しかも千早ちゃんは…はいてないだし。そして一樹の発言は「苺ましまろ」っぽいし。シナリオライターの趣味かもしれないけど、随所にネタが散りばめられているですねぇ。嫌いじゃないけども。

んで、消えていく明穂…。やっぱり、シナリオもそろそろ終わりなんですかねぇ。攻略見る限りあと一章っぽいですし。うーぬ、どうしたものやら。やっぱり消えていくのは…。おとぼくは12か月分くらい章があって、逆に長いと感じるくらいでしたからねぇ。攻略可能人数も少ないですし、ほどよい長さなのかもしれません。明穂、消えるなぁぁぁぁ!

にしても、彼女が死んじゃって「変わりに彼女を作ること」とか言われたらもうごっつ哀しくなってまうやん!それって王道じゃん!「てんたま」みたいな…そんな切ないこと言わんどいてぇや!ああ、本当に長かったけどそろそろ終わるんだなぁと実感しちゃうよ…。

そいえば、演劇といえば主人公とヒロインの絡みみたいなキスシーンみたいなのが付き物ですが、なかったですねぇ。まぁあったらすぐに明穂が成仏しちゃいそうで、すぐに話が終わっちゃいそうですが。あと、話の内容からして屋上で成仏してもおかしくはない気がしますね。んでもって、先に成仏しちゃうと一樹が意気消沈してストーリーが進まなくなっちゃうからってのもあるんでしょうかねぇ。まぁ終わりに向かってれっつごー!

(06/09/01-11:17)終末の珠美ルート

んーむ、次回予告がなかったのはプログラムの都合なんでしょうかねぇ、分岐みたいな。まぁその辺は置いといて、無事というか悶々しながらも珠美ルートに入ったようです。あとは読み進めていくだけですが…うーん、哀しい。心が痛いのよ…。みんなええ娘なのになぁ…。というわけで第6章、終わりっぽいですね。

うー、物語の最終章らしく何ともいえぬ雰囲気に。てかつばさが怖い…。迫力ありますなぁ。何ていうか、ゲーム独特の「最後の方登場人物いないやん!」な状態にならないのはこのシナリオライターさんの技量というかこだわりでしょうか。DMFの時もそんな感じでしたので、結構好感が持てますね。人にもよるでしょうが。

んで、問い詰められたりして…幸せ色だったのにねぇ。こうして見ると、つばさはある意味現実に一番近いおにゃのこなような気がしないでもない。ただ、ちょっと押しが弱い所もあるけど、大まかにあってる気がするのよね。まぁ、どっちにしてもここ一番の迫力があって…怖ひ。通常時はかわええんだけどねぇ…(´・ω・`)

うお、殴られた。てか叩かれた!親父にも…(ry。しっかし、最終的に恋敵にお説教しちゃうとことか流石姉妹って感じだよねぇ。こう見えてもお節介焼きなんだよねぇー。ヽ(゚д゚)ノええじゃないか。

そして、いなくなる明穂…。そして謎の怨霊蛇。やっぱり、これはその予測しかないですよねぇ…蛇が明穂だっていうー。そりゃ珠美に一樹を取られて恨む気持ちもわかります、痛いほどよくわかる。でも、そりゃ本人の同意もあったわけで…難しい問題だねぇ。あと、ここまできて話が長いっ!ナニするシーンがあったならもう終わってもいいんじゃ…。すでに13時になろうとしているし、眠いんだよマヂで。

そりゃそのナニのシーンはまだ昼間だしさっきからスキップしていますが、今度は巫女装束。見たい、見たいけど…あれしてまた昼間から風呂に入るのも面倒なので、シナリオに集中してスキップしときますわ。惜しいことしてる!

(06/09/01-13:15)終わったー!

後半が多少長かった気もしないでもないですが…終わりましたよっ!やっぱり予測通り蛇があれでしたが、何はともあれ終わりましたっ。最後の最後にラブラブなとこを見せ付けられたですが、まぁ無事終わりましたのでえがったということで。時刻は13時17分です。15分はエピローグ前だと思っていただければ。しっかし、ほぼ12時間ぶっ続けでエロゲやってるって何なんだろ…。まぁ満足だけど。

最終的に、式神から珠美を護るあたりから泣いちゃいましたよ。これで何回泣いたことやら。とまぁ、そんな具合で終わりですー。次は…一度寝てから千早か明穂あたりをいってみたいと思いますが…どうなることやら。不眠なのにこんな時間から寝ちゃったらどうなるか物凄く不安なんですが…まぁ疲れたし寝ます!お休みなさいー。

(06/09/01-22:05)決まった

というわけで、起きました。6時間かそこら寝ていた計算ですが、疲れはありえないくらい溜まってます。そもそも12時間とかそこら絶食してる感じですし。まぁ餓死するくらいまでなっても、あまり空腹感はないですね。むしろ心地いいくらいですよ。あぶねぇ!

んで、明穂か千早か迷ったんですが当初の予定通り千早から終わらせようと思います。いってみよー。

書き物をしている間に終わるのはいいんですが、やっぱりスキップが遅いですね。エフェクトを切ってもあまり変わりないですし、PCのスペック不足もあるでしょうが遅いっ。読み込みが遅いのであればやっぱり画像の重さも影響しているのかもしれませんねぇ。とにかく、2章はさくっとスキップで終了。選択肢だけしか見ないでいいから楽だね。

そういえば、500年前千早に何があったんでしょうかねぇ…恋をするのが500年ぶりって…。気になる、無茶苦茶気になる。これも最終章で明らかにされるんでしょうか。不安だー。

んでもってさくっと3章も終わりまして4章へ。1章は約20分で終わった計算ですが、長い気がしないでもない。まぁこれ以上言ってもしょうがないか。

んでまた約20分ほど放置して4.5章に入ったわけですが、そういえば千早のシーンがないんですよね…もったいない。千早ルート狙いだから多少そのあたりを考慮して欲しいんですが世は無常ですな!

って、これはキタコレ!スキップが止まったかと思うと、千早を交えたシーンに。やってくれますな!やっぱり千早だけないのはおかしいかなぁとは思いましたが、たまりません。もう、感無量なり!

あー、その代わりに珠美のがなくなるんですね。いっそそのまま覗きに行って欲しい気もするけども。うー、うー。んまぁ、またスキップ多用で進めますよ。さっさと最終輪までいきたいですし。

(06/09/01-23:43)そして千早ぁぁぁ

んで千早ルートです。最終章に入り、最初の台詞からいきなりお涙頂戴なんですよ。そういった永遠に苦しむ系とか、輪廻系に弱いんですよ、弱いんですよ。そして言いようのない哀しさを抱く…。一人一人が持ち合わせていて、それが続く苦しみ。もう、泣いちゃっていいよね…。

うーん、色々ありましたが幸せな形の一つでしょうか。無理矢理笑えないのはやっぱり苦しくて、千早ちゃんも苦しかったんだよねぇ。そしてナニしちゃって。うーん、幸せって何だろうねぇ。わからなくなってきちゃうよ。…つばさ、不遇だよぉ。やっぱり聞こえてるもんだよねぇ。

うおっ、明穂が消えちゃった、成仏しちゃった…。さっきの珠美ルートでの不遇さを考えれば、自然といえば自然だけど…そのせいか、やっぱり涙が…。何回泣けばいいんだよっ。溜め込んでいた感情が爆発すると同時に、またネガティブな思考も溜まっていく。抜け出ていった分だけ溜まっていく…。そして、明穂が消えたことを知って千早も苦悩するのか…。つばさにはもう説明しちゃってるみたいだし。

そして壊れていく関係。本能のままやっちゃう一樹…。そこでディープさがないのはやっぱり純愛ゲームみたいな感じだからか。もっと、凄いことしてもいいんだけども…。うーん、もったいない、このシチュはもったいない。

やっべ、ボロ泣き。その表示弱いのよ、「500 years ago」…。「朱-aka-」とか「AIR」とかを思い出しちゃうし…。何しろ、そういったのに弱いからもうボロボロ。涙腺が壊れちゃうって感じ。過去編に弱いのは何でだろうねぇ、常日頃後ろ向きだからかなぁ、せめて過去くらい綺麗なものであって欲しいと思うからかな、未来に希望がないからかな。

やっば、哀しいってこれは。ちょっとルートの選択を間違ったような気がしないでもないけども…。でも、やばいって。過去にそんなことがあったなんて…そして、ご先祖なのかなこの人は…。ある意味での因縁があったんだなぁと思う。

過去の話がわかり、そしてタイトルに関わりのある「もしも明日が晴れなら」なんて出てきて、一樹は死んで、明穂に戻されて…。このあたりでもうボロボロ泣いちゃったよ。鼻水まで出てくるし、手の先が痺れているし…これは相当感動したってことでしょうねぇ。過去に何度か感動して泣いたときにあった症状ですし。うおー、もしらばやべぇね!

そして終わった…すでに9月2日1時33分ですよ。感動的というか、最後は根気強くって感じですね。やっぱり、内容からして一番最後にした方がよかったのかもしれないと後悔しつつ…。うーん、惜しい事したかもしれない。でも、そうしたら姉妹がまだ残っているんだからね。これで半分終わった計算ですよね。とりあえず、風呂にでも行って来ますか。

次は明穂にしようと思っていたんだけど、つばさから終わらせようかとも思う。うーん、何だかなぁ。千早ちゃんのルートはある意味、一番好みの内容だったかもしれない。輪廻転生っ!

(06/09/02-02:56)んでつばさへ

あれから時間が空きましたが、サイトの方も弄らないとなんでちょくちょくやってました。ゲームが終わってしばらく何をするでもなくネット巡回していたので風呂に入りそびれました。流石に2時を回ると入るのはどうかと思いますし。

んで、つばさルートへ。明穂と迷ったけど、ヒロインシナリオに期待をして後回しにすることに。本当ならつばさを最後にしようかと思っていましたから。んでまぁ、途中からだと話があれなんで一応、最初から読み進めて選択肢を詰めていくことに。

誰もいないとスキップも速いのに…。

およ、ここに来てシナリオに相違が見られますなぁ。まさか文化祭な5章で事が起こるとは思いませんでした。つばさかわえぇー、いじらしいのに…。ここまで来たらおねーちんが邪魔になっちゃうじゃん、それはそれで微妙な心境だけども…。

(06/09/02-04:36)そして秘めた想い

そして最終章ですよ。色々と変わっていて戸惑いつつも、どうなるのか興味津々ですよ。…幸せになれるといいのにねぇ。

あっちゃー、委員長やってくれるね…。現実じゃありえない体勢だけども、まぁ誤解を招かないといえば嘘になりますな。そして、怖いよつばさ…迫力ありすぎ。でもね「妹でいいの?」ってか「妹がいいの!」と答えたいですよ。

そして消え去って、残されて…。つばさは壊れちゃうし、やっぱり一樹もその違和感に気付いているのは流石というか何とやら。見た感じつばさの演技ってのでほぼ決まりっぽいけど…明穂も千早もまだいるような気もするし、どうなるやら。本当に、つばさ…だよね。

やっぱり演技で、そして明穂も現われて…でも千早は現われなかったのが残念というか何とやら。もしかしたら明穂と一緒に話し相手に行ってしまったのかもしれないですねぇ。都合のいい解釈ですが。

まぁ、そうして幸せに時を過ごしているのであればいいですが…三度、明穂が消えてしまうときに泣いちゃうよ。もう何度涙腺を破壊したかわからないですが、いい加減にねぇ…。最後の最後にヒロインを残していますが、これで終わりと思うとちょっと残念ですね。やはり一週目以降はスキップ多用だから早いこと。そろそろ終わりということですよね…。

仮に奇跡でも起きて明穂が生き返ったならばそれはそれでハッピーエンドなんでしょうが、それだけはあってはならないことだと思いますですよ。それだけは、どうしても…受け入れられないです。そんな6時35分の出来事。さて、寝るかやるか迷うね。

(06/09/02-06:54)意思が弱くてねぇ

意思が弱いのか、結局寝ることなく続きに指しかかろうとしていますよ。…所で、ゲームを終えてから20分近く経ってるのに記憶が一切ないのですよ。…やばい?

何気にスキップで進めていくとすぐに文化祭まで辿り着くですが、やっぱりここでもフライングというか何とやら。やっぱり姉妹なのかなぁと思いつつ、まぁさて置き本当にお化け屋敷しちゃうとねぇ。笑えないって!

今度ばっかしは本気でいらつくじぇー、さっさと送り出せよっ!せっかく今までで一番いい感じに進んでると思ったのに。…まぁいらついてるのは寝不足なのもあるかもだけど。もう8時だしねぇ。でもまぁ、しょうがないのかねぇ。誰も二人を別つことなんでできないのかしら。…しかし一樹の一言が気になる、この「破局のはじまりであるとしりながら」ってのが。どうなるか気になってきたじぇー!

ぶっちゃけここまで集中してなかったので屋上のシーンで泣けなかった。やっぱり感情移入しないとダメっぽいですよ。

うー、消えちゃうってわかってきたのであれば姿が見えるうちに成仏しちゃうのがいいと思うんだけど…。声だけになって、最後は何もなくなっちゃうのであれば当人だけじゃなくて周辺を巻き込んで哀しくなっちゃうからと思うんだけど。そうは理性だけの問題じゃないってことかしらね。

そうだねぇ、輪廻の輪から外れてしまえばどうなるかわからないわけですし。そして成仏してしまわないのも問題あるでしょうねぇ。珠美の言う通りで、一樹と明穂のわがままに過ぎないわけで。そういった具合ならば、成仏させちゃうのが一番だけど…一樹がヘタレだからまずいんだよね、特に方法が。もっと一言すっぱり言った方が当然いいのに。そりゃ言えないのもわかるけど、事情をさくっと説明しちゃダメだったのかなぁ…。

そして、さくっと消えちゃうし。そして委員長に対して優しいのは誤解されちゃうよ。主人公は何気に女キラーなとこがあるのが微妙なとこよね。あっさりだし。というかモテすぎ。

そんでもって、無事話し合いを持って解決できたのはいいことですねぇ。願ったり叶ったりというか、それでも問題ないわけですよ。これがあるべき姿だったんだなぁと思うわけですし、はっきりしない甲斐性なしの一樹も今回ばっかりは見直せますぞぇ。俺に見直されてもしょうがないだろうけど、行動力あるのはいいこっちゃ。

あとはまぁ、CGを集めるのにBADENDを回って終わろうと思いまする。しかし、それでも1枚足りなさそうな予感ですが…不足が2枚になっちゃってるのがどうしたもんやら。

んで、小さい転生後明穂がかわぇぇ、一番のツボ?最高だわ…。犯罪じゃないよ!きっと。もう10年くらい待つかもよ!にしても、その後の二人の姿を想像すると微笑ましくも面白そうですねぇ…。おまけシナリオがないのが残念ですよほんま。そんな9時半の出来事でした。

(06/09/02-09:30)集めるですよ

というわけで、明穂が1枚とその他が1枚足りないので集めましょう。とりあえず文化祭を委員長と回れば1枚は集まるはずですし…。まぁ攻略の受け売りですが。回ってみましょうかね。

んでまぁ、とりあえずは終わりました。時刻は9時48分ってとこでしょうか。終わり方としては本当に攻略可能キャラじゃなかったという感じでなし崩し的に終わらせている感が強いんですが、明穂が5章で成仏しちゃうので流れ的にはテンポがよくていいとは思いますよ。

んで、不遇だった委員長も今回ばかりは念願叶ったといいましょうか。それで、2枚も不足していたのは不安でしたがしっかりとコンプできたのでよかったです。それではお疲れ様でしたっ。あとは個別レビューのみですねー。

しっかしページをまとめてみて、段々プレイ内容が適当になっているのに気がついたわけですよ。まぁ最後は惰性みたいなもんですが…。あと、序盤で珠美の表記が多いのは初期プレイだからですね。あとは全部スキップ多用なんで日記を省略していますからこんな感じになってます。

感想

システム

長時間プレイしていると処理落ちが見受けられます。もちろん、プレイ環境のスペック不足の可能性もありますが。機能としては既読スキップやボリューム調整など基本的なものは搭載されていますが、スキップが遅いのがどうしたものやら。一応、必要スペックは満たしているので問題はないはずなのですが。

特に特筆することもないですねぇ。やっぱりスキップ不足だけが問題ですが、これはなぜかDMFの時も書いているのでやっぱりスペック不足なのか…。

余談ですが、同時に4人を表示させる技術に驚きました。昔は2人でしたが、次第に3人が主流になりましたが今回は3人に後ろ向きで1人を加えた4人と。ここまで来るともはや驚きと同時にその重さが身に染みます。やっぱり、表示技術だけは上がっているのでしょうからその代償か。

CG

DMF同様にほんわかとした絵柄。くすくす氏の絵柄は和みますねぇ。枚数もそれなりにありますし、DVD-ROMということで画質はいい方ではないでしょうか。上記のシステムでも述べたように後ろ向きの立ち絵がある点も魅力的です。むしろ後ろ向きの姿が好きなキャラも数名。

Hシーンも各2つずつと多いような少ないような。それに加えて1つのおまけと。各1つずつよりはいいでしょうが、オーソドックスなプレイなんで実用性は薄いですかねぇ。それでも満足できる方はいいんでしょうけど。後ろが…げふげふ。個人的にはおまけ(4.5章分)が面白くてよかったですねー。つばさのが特にお気に入りです。

枚数などもよく、さらには明穂の透過もいい感じに表現されていて面白かったです。しかし、攻略キャラ4人でこれだと東鳩2に比べると少なく感じることもありますねぇ。不満はそこまでないんですが。次回作もこのシナリオライターさんとのコンビならばぜひ入手したいですねー。

シナリオ

ふとこの「シナリオ」の項目にキャラ名を明記してレビューした方がいいような気もするけど、まぁほとんどが共通ルートだしいっか。おとぼく同様の章ごとに各キャラに着目した流れになっています。1〜5が各キャラに対応していて、4.5章はおまけシナリオになっています。

1章は明穂の別れと再びの出会いというプロローグ的な物で二週目からは飛ばすことができ、2章は千早、3章は珠美、4章はつばさ、5章は明穂で、最終章の6章は各攻略しているキャラのルートとなります。その形式の弱点として各章ごとにキャラに近づきすぎるので話の流れとして安易になりがちな点が問題でしょうか。さっくり進めることができる利点もありますが。

そういったこともあり、シナリオはその問題を除けば結構泣けました。何回泣いたかとか面倒なんで数えませんが、シチュによる感動によるものと表現の感動で感動できましたのでお勧めです。やはり、DMF同様に章にわけなければそれはそれでよかった気もしますが、これはこれでいいんではないでしょうか。

サウンド

印象に残らないってのもありますが基本的にいいんでないでしょうか。特にボーカル曲が突飛していいのですよ。あと1曲だけFFの曲に似ているのがあった気がしないでもない。印象に残らないのはしょうがないとしても優しいBGMでよかったです。

やはりボーカル曲がよかったので、こればかりが印象に残っています。BGMはハーブはギターなどを用いたものが多いのが特徴でしょうか。楽器のことに詳しいわけではないので聞いた感じですが。

ボーカル曲はお勧めですよっ!

人物

攻略順は「珠美」→「千早」→「つばさ」→「明穂」→「CG回収BADEND(彩乃)」となりました。千早は最後にするといいかもしれませんね。

野乃崎明穂

いやぁ、メインヒロインってこともありますが、時間と体力の都合により泣く事ができなかったのが残念ですねぇ。感動したかった。しかし、すれ違う二人の姿は見ていてもどかしいものでありましたよ。こう、もっとスマートに物事を進めることができればよかったですよねぇー。

んで、シナリオ的にはそこで転生ネタかと突っ込みたくはなりますが、微笑ましいものですよね。それからの二人の姿を想像するのは楽しいですが、ぜひそのあたりを続編で描いて欲しいですね。もしくはファンディスクとかサイドストーリーとかで。

個人的にはいい感じですが、特にえがったのはちび明穂ですよね。かわいいことこの上ない。個人的な趣味も混じってレビューしちゃってますが、やっぱりちび明穂がいいんです。いいんですよ!かわいいは正義なんですよ!んでまぁ、シナリオはそれなりにまとまっていたと思いますよ。CGの数も多いですし。これはこれで満足ですよん。

野乃崎つばさ

妹、妹だよ!どれだけ妹ブームが過ぎ去り、姉ブームが訪れツンデレが根付こうとも妹だけは永遠のポジションですよ。というわけで、つばさは可愛いし妙に女の子っぽい、それも現実の。嫉妬深いと言ってしまえばそれまでですが、それが逆に似てるわけで。いい意味でも悪い意味でも。

でも、人懐っこいとことかそういったとこはやっぱりつばさ独特のもので、頭を撫でたくなっちゃうのよねぇ。シナリオ的にはしっくり収まった気もしますが演技するあたりはちょっと腑に落ちない感じも。それは人間弱いもので追い詰められれば精神が崩壊しそうなもんですけど、やっぱり…ねぇ。

でもまぁ、姉妹の秘めた思いなんかもわかりましたし、満足です。えー、キレたつばさは怖かったです。まぁそれでも可愛いことには変わりないのですよ、やっぱり妹こそ本道!?

湊川珠美

何だかねぇ。毎度のことながらツンデレの一言で片付けるのはどうかと思いますが。なんていうか、強情っぱりみたいな感じですよね。でもまぁ、嫌いじゃないですし。巫女さんだし、長髪だし。関西弁なのが傷ですねぇ。…京都弁も混じってる?

普通に進めると何度も谷が現われますよね。突然周囲の人々に厳しくなったりというか拒絶したり。そういった面も含めて、実際に会うと嫌気が差しそうな気がします。が、まぁゲームですのでありかなぁと。しかし照れてる姿はガチでかわええんじゃ!あと私服姿も捨てがたい。

後半のデレデレっぷりには脱帽を通り越して「( ゚д゚)」って感じですよね。むしろ「(゚д゚)!?」みたいな?まぁ、やっぱりお約束というか巫女装束でのあれなシーンもありまして、満足ですよ(*゚∀゚)=3

千早

いじらしいキャラと声が合ってない気がしないでもないけど、それはそれで慣れてしまえばどうってことないですよ。独特の喋り方がツボで、特にその性格と服装などなどと相成っていい感じですよ。和服ヽ(゚д゚)ノええじゃないか。CG枚数は多くはありませんがシナリオの作り込みはピカイチだと思ふ。

しかし、境遇など不遇なものがあり、卑屈になりすぎてもしょうがないのに。一樹もそのあたり流されずに居て欲しいんですが、確かに原因が原因ですもんねぇー。恨みたくなるのはわからないでもないからまた困ったもんだ。優しすぎるのよ千早ちん!

んでまぁ、何ていうかいじらしすぎて愛でたいんだけども、一樹に強引にされちゃってる部分とかでむっはーってなっちゃったのが何とも悲しい。男の性みたいな…?でもまぁ、最終的には円満に終わったような気もしますし、明穂との関係もそれなりに上手くいった気がするのでいいんじゃないでしょうか。ちゃんと成仏してくれたし、途中逢えましたし。二人クリアした時点ではヒロイン級のツボ話ですよこれは!

香坂彩乃

想いも通じず、攻略キャラでもなくそして不遇の存在。サブキャラの位置付けでしょうが、一応関係するシナリオがあるのはいいことですよね。ある意味バッドエンド的な位置付けなんでしょうが。それでもまぁ、美味しいところは頂いているような気がします。

最初は直之とカップルみたいな相思相愛的なイメージでしたが、きっちり一樹ラブなのがわかりましたし。その状態から言えば、ルートがあってもいいくらいなもんですけどねぇ。んで、押しは強いけどやっぱり不遇なのですよねぇ。ちょい萌え。気は強いけどねー。

白澤美幸

細目キャラでぽわーんとしているのはタイプですよ。もろタイプなんですが、やっぱり攻略することはできないサブキャラなのが何とも。終始その状態で、瞳が描かれることもなくですよね。でも、かわいいし。先生というよりお姉さんって感じだよねー。

ぜひ攻略したかった。

東直之

クラスメイトって感じで親友というような気はしなかった。位置付けが弱いよねぇ。この作品は特にヒロインたちとの日常を描いているから、さらにサブキャラの扱いがそれこそ不遇なものになっているのはしょうがないでしょうが。

でもまぁ、いいヤツってのには間違いない。

榎本先生

厳しい感じですが章が進むとその心優しさが理解できると思います。髭がいい感じ。何にしても、不器用な性格ということでしょうか。

榎本実

心優しい少年。しかし、内に秘めた想いは深いものがあります。やはり寂しいんでしょう、そんな年頃でしょうし。成仏することができたっぽいので、安心ですが…寂しいですね。

鳩羽一樹

主人公としてプレイヤーの分身となる人物。優しいし行動力もそこそこありますが明穂に囚われすぎているのが問題でしょうか。苛々するほど執着しているので、明穂の成仏が遅れることに。

明穂ルートでは最後の状態から察するに、将来ロリコンと称されるでしょう。罵られるかも、正直羨ましい。超年下の彼女とかええじゃないか。んでまぁ、いざという時の行動力があるのは主人公の特徴ですがやっぱりこれまた鈍いんですよねぇ。

総括

また記述が遅れましたが、総合的によかったです。攻略キャラが少なく選択肢も少ないので楽に終わらせる事ができますが、多少の問題点もありますのでそのあたりはやっぱり何とかしたいとこですね。こちらもパソコンのスペックアップを実施しないといけないかもしれません。

加えて、攻略した次の日に起動させたらゲーム用PCがぶっ壊れたのでそのあたりが何とも。最後のあがきだったのかもしれませんが、HDDかBIOS含むマザーボードかメモリの破損っぽいです。どうしたものやら。

というわけで、何か惹かれる点があるのであればぜひお勧めです。

(06/08/06)おつかれでした!

想ひ出写真館

強制選択

流れ

強制

妹よ、お前の愛の隠し味をいr(ry

できれば5Pが…

嫉妬する姿もまた

可愛かったから探してるの!美『少』女だから!

想像力豊か

(*´д`*)あとつばさとたまちゃんといいんちょだから5…。

おっぱいおっぱい!

もちろんだぜシスター

(*゚∀゚)=3是非!是非揉ませて下さい!

タッチ!

う、うん…じゃあ触ってみるw

み、見ないでー!

膨張率…?

(´Д⊂グスン本返して…。

カルピス?

ってページめくってるし(゚ロ゚;)

熟練度っすな

皆さん釘付けですな…。

お持ち帰りしたいわー

そんなつばさを見てお兄ちゃんも興奮しちゃったw

…男の性なんだ

ロマンなんだ

ち、違うんだ…ってズボンさげっぱなしでしたな。

…まぁなんていうか、ドンマイ

ヽ(´ー`)ノまぁ名台詞っすな。

ちょ、壊れないでー

…雑炊とか?

アヒャヽ(゚▽、゚)ノアヒャまぁ千早ちゃんが食べt(ry

そんなシリアスにならんでも

そ、その心は…。

…壊れた?

妹よ気を確かに…w


Copyright(C)Palette. All rights reserved.

Copyright(C)2003-2008 Yumeoibito. All rights reserved.